2023年12月11日 (月)

細雪

7_2023121119280111日、今日は現在家財処分進めている実家について少し語ります。私が生まれた実家は昭和14年に祖父が建築。現在の家の隣に母屋があったものの阪神大震災で被災し惜しくも取り壊して今は庭に。母屋の隣には道の真ん中に生える大きな松があり昔から「一本松」として有名であった。この一本松がかの谷崎潤一郎の小説「細雪」に登場しており我が家らしき家が描写されている。四女妙子の恋人奥畑の家として書かれている文は「~西宮の一本松の傍に家があると云われたのが意外だったので、或る日、あのマンボウを通り抜けて、一本松の所まで行って見たら、成る程ほんたうにお宅があった。前が低い生垣になっている、赤瓦に白壁の文化住宅式の小さな二階家で、ただ「奥畑」とだけ記した表札が上がっていたが、表札の木が新しかったのを見ると極く最近に移って来られたのであらう」とある。谷崎は細雪執筆前から実家の向かいの家に知人が住んでいたので良く通ってきていたらしい。ただウチの実家をそのまま描かずご近所の家の特徴を混ぜた様で低い生垣や赤瓦はご近所の家の様子だったらしいが一本松の傍の白壁の文化住宅式の小さな二階家は正にウチの実家そのままである。決定的なのは谷崎が通っていた当時新築の家はウチだけだったので表札が新しいというのもウチを描いた証拠と言える。

10_20231211195701谷崎はさらに「二階の窓がすっかり開け放しであって、白いレースのカーテンの中に明るい電燈が燈っており、蓄音器が鳴ってゐたので、暫く立ち止まって様子を窺ふと、たしかにあのお方ともう一人、ー女の方らしい人の聲がしたけれども、レコードの音に妨げられてはっきりとは聞き取れなかった。(と、さう言ってお春は、さうさう、そのレコードはあれでございます、ほら、あの、ダニエル・ダリュウが「暁に帰る」の中で謡ひました、あの唄でございます、と云ったりした)で、自分がその家を見に行ったのはその時だけである。」と書いている。細雪執筆時一本松傍の二階建ての家の部屋で蓄音器を掛けていたのはどうも私の親父だった様である。10代の学生だった親父はその頃道路に面した二階の角部屋に暮らしており良く蓄音器を掛けていたとの事。多分谷崎は偶然一本松を通り掛かった際の風景を小説に取り入れたのであろう。親父がその頃愛用していた国産卓上蓄音器は現在私が「谷崎が聴いたかもしれない蓄音器」として大切に所有している。数年前に某国営放送の終戦記念日特集ドラマの冒頭でも使われたので多くの方がご覧になっていたかもしれない。ただ谷崎が小説で描写したダニエル・ダリューの歌は当時流行した盤であるが残念ながらウチには無かったのでこの部分も谷崎の創作だった様である。細雪にも登場した我が実家とも間も無くお別れとなるのでその縁を語らせて頂いた次第。

2023年1月30日 (月)

ロールピアノと蓄音器

Photo_2023013018290130日、スタジオにロールピアノ研究家来訪。20世紀初頭ピアノ演奏を自宅で楽しむ方法として蓄音器でのレコード再生と共に人気があったのがロールピアノの自動演奏。著名ピアニストの演奏を記録した紙ロールを自動演奏機能付きピアノに装着して名演を家庭で楽しむという大掛かりで高額な装置ながら一時期はまだ貧弱なサウンドでしか鳴らなかった蓄音器よりも人気があったとの事。レコード録音には間に合わなかった19世紀の有名演奏家のピアノ演奏が多数残されているのも魅力だそうな。いつかロールピアノと蓄音器で19世紀の名ピアニストの演奏聴き比べを開催したいと画策中。ただ状態良いロールピアノが日本には殆ど無いのが問題か・・・。

2022年12月 7日 (水)

お宝の山に潜入

18_202212071936017日、モツレクリハ3日目。空き時間に近くの施設に眠る秘蔵コレクションに潜入。所狭しと並ぶ世界中の蓄音器の銘器250台以上、SP盤10万枚以上あると伺い仰天!一時期は一般公開しておられたものの今は保管のみとの事で実にモッタイナイ・・・。SP盤も全く未整理でどんな貴重な盤があるか良く判らないとの事、これまたモッタイナイ・・・。

21_20221207203701他にもヴィンテージの録音・放送機器やアンティックカメラの膨大なコレクションもお持ちとの事でマニアには堪らないお宝の山でありました。

2022年10月26日 (水)

音大で蓄音器レクチャー

121_2022102622190126日、音大での蓄音器レクチャー本番。広い円形ドームの空間が蓄音器との相性素晴らしく約百年前のSP盤で聴くピアノ演奏実に生々しい!今回はドイツとフランスという二大ピアノ産地の銘器陣の音色聴き比べ、流石ピアノ黄金期どのピアノメーカーも互角の勝負と思える程レベル高し。ドイツとフランスのピアノを交互に聴くと勿論お国柄の違いは感じるものの目指していた二者の理想はそれ程違っていなかったのでは?というのが正直な感想。後半は意外にも日本で活躍していたフランスのピアノの事を中心に関西に残る歴史的銘器をご紹介。出来ればもっと多くの若い世代にも蓄音器によるヴィンテージピアノの音色聴いてもらいたかったなあ。

2022年10月22日 (土)

ドイツとフランスの銘器ピアノ聴き比べ

83-640x640_20221022155901 22日、間も無く開催の京都芸大での蓄音器レクチャーコンサート、来年の移転を控え現校舎での最後の開催で音響素晴らしい円形ドーム式ホールで約百年前の大型蓄音器の迫力あるサウンドを堪能できるラストチャンスであります。参加費無料!

Photo_20221022155201今回のテーマは「ピアノ黄金期の2大ピアノ産地「ドイツ」と「フランス」の音色聴き比べ!」。約百年前のピアノ黄金期の音楽界は現在の様な僅かなメーカーが独占している様な事は無く、数多くのメーカーがトップの座を目指して競い合っていた時代でありました。その中でもベヒシュタイン、スタインウェイ、ブリュートナーなどの「ドイツ勢」とエラール、プレイエル、ガヴォーなどの「フランス勢」の2大産地のピアノは欧米だけでなく日本でもライバルとして激しくしのぎを削っておりました。

2_20221022160901ドイツ、フランスそれぞれの銘器を使った巨匠達の歴史的名演を、貴重な映像と詳しい解説付きで蓄音器によるオリジナル原盤の演奏でタップリと楽しんで頂く予定。スタインウェイを筆頭に現在でも人気高いドイツ製のピアノの源流はどんな音色だったのか?今や幻の銘器となってしまったフランスのピアノの全盛期がどんな音色だったか?フォルテピアノにも通じる歴史的ピアノの魅力を是非お聴きください!詳しくはこちらをご覧ください。

2022年10月13日 (木)

今日の収穫

Photo_2022101316300113日、今日の収穫、多分約90年前のチェンバロの女神Wランドフスカの写真入りレコードスリーブ。

2022年10月12日 (水)

みちのくで蓄音器コンサート

5_2022101221020112日、みちのくのお馴染みのホール近くの公民館での蓄音器コンサートに出動。会場が普通の集会室ながら蓄音器との相性抜群で過去ベスト3に入る程音響良く、どの盤も実に生々しく鳴ってくれ嬉しい誤算、カルーソー、クライスラーから美空ひばりまで歴史的名演奏を堪能!大多数の蓄音器初体験の皆さんもその迫力あるサウンドに驚いておられた様子。

1_20221012211201みちのくに来ればまずは海の幸をたらふく食べたい!と漁港の海鮮割烹へ。名物デカ盛り海鮮丼慎重に食べないと刺身の山が崩壊してしまう程サービス過剰気味・・・、完食するのが精一杯ながら大満足。

6_20221012212401終了後会場近くの御贔屓隠れ家湯治場跡鉱泉で骨休め。2人も入れば満杯という狭い湯舟で混浴という今時凄い所ながら幸い(残念ながら?)貸切でありました。効能凄いと評判の冷泉を薪で焚いた熱湯風呂で体がピリピリ痺れ実に爽快。

8_20221012212901 9_20221012213001こちらの鉱泉住宅地近いものの茂みに囲まれ異次元の様な不思議な空間。湯治場跡も昭和の香り濃厚な(驚くほど古い?)歴史的遺産ながら今日はそこで兎と狸に遭遇。もうお伽噺の世界に迷い込んだ様な気分。

2022年10月 6日 (木)

蓄音器レクチャー間も無く!

7_202210061314016日、京都の音大での蓄音器レクチャー 好評につき3年連続で開催決定。今年は10月26日(水)16時半開演、参加費無料!要予約(限定50名)。今回のテーマは「ピアノ黄金期の2大産地ドイツとフランスの音色聴き比べ」。全盛期のエラール、プレイエル、ベヒシュタイン、ブリュートナー等歴史的巨匠が残したピアノの銘器での録音を大型蓄音器で聴いて頂きます。今回は日本でのフランスピアノの普及具合や関西にある歴史的ピアノの事なども紹介予定。蓄音器の生音がこんな広い空間でも良く聴こえると好評だったドーム型ホールでのSP盤演奏は学校移転の為今回で最後となります。是非お聴き逃しなく!詳しくはこちらをどうぞ。

2022年9月24日 (土)

越後に納入された仏蘭西の銘器の謎を解明する蓄音器レクチャー

12_2022092422210124日、戦前日本に3台しかないと言われた仏蘭西の銘器「ERARD」のフルコンの1台が何故越後の女学校に納入されたかを解明する蓄音器レクチャーコンサート本番。オープンしたばかりのホール中々音響良く蓄音器もご機嫌な鳴りっぷり。約百年前の世界的銘器ピアノの音色聴き比べから始まり、3台のERARDに纏わる色々なエピソードなどを沢山の写真資料を交えて詳しく紹介。越後のERARDは納入前世界的なピアニストのコンサートで弾かれていたとの秘話には地元の方も驚かれた様子。現在修復中のピアノが完成した折には市民誰でも弾ける特等席が用意されるとの事で楽しみであります。

11_20220924223601いずれ仏蘭西の銘器が収まる特等席には現在こんな可愛い車が鎮座中・・・。

2022年9月18日 (日)

蓄音器ご機嫌伺い

2_2022091816390118日、チェンバロ運送のついで?に巨大なドザエモン?が鎮座する都心某所へ機材搬入のお手伝い。台風まだ遠いのに凄い豪雨、西は今日明日の連休イベント中止結構有るとの事でしたが東もあるのか?

3_20220918164301出陣前のフォルテピアノと共に92歳の英国製蓄音器もご機嫌伺い。9月24日越後での蓄音器レクチャーに登板予定。仏蘭西製ピアノがメインテーマながら時間あれば日本で最初のクラヴィコードリサイタルが行われた場所であったというお話も出来るのでは・・・。

より以前の記事一覧