梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

2018年11月 9日 (金)

ミーントーン漬けの日々

3_640x4279日、浪速での独逸の人気古楽グループの高校生とのワークショップ2日目。古楽初体験の若者達をあっと言う間に惹き付けてしまう教え上手振りは流石!終了後少し練習したいとの事で見ていると何やら怪しげな映像撮ってましたね。先日の東京公演でもホール前の横断歩道を演奏しながら渡るという楽しい映像アップしてましたので今日の映像も出すのか?私は今日で2週間に渡る独伊のトップ奏者達とのミーントーン漬けの日々もやっと終了。いや純正3度を堪能した楽しいひと時でありました。夜は芸州の酒蔵並ぶ古都へ。

2018年11月 8日 (木)

若き世代と共演

2_640x4278日、強烈なインパクトを放ったヴェスプ口公演終えたドイツの古楽グループ今日は音楽高校の学生相手にワークショップを開催(私は今日もオルガン提供で参加)。古楽器初体験の若者にまず指導したのはリズム!しなやかなスイング感を全員で共有しながら醸し出すグルーブと緻密なアンサンブルが彼らの音楽の根源だと良く判った次第。最後に学生と一緒に演奏する事で彼ら流の古楽の魅力が存分に伝わったのでは・・・。

2018年11月 7日 (水)

欧州古楽最前線のヴェスプ口

4_640x4277日、浪速での独逸の人気古楽グループと合唱団合同のヴェスプ口公演本番。2年前ベルリンで大評判を取った演奏が遂に日本で聴けるとあって御江戸からも沢山お越しになっていた様子。今回は会場の特性をフルに使い歌や器楽が舞台だけでなく上から横から果ては後ろから聴こえたり、調弦中にいきなり指揮者が飛び込んで来て演奏に雪崩れ込んだりと凝った演出盛り沢山、器楽合唱陣の鉄壁のアンサンブルも見事、ソリストも華やか、何よりも指揮者が紡ぎ出すモンティヴェルディの世界が情感溢れひたすら美しい・・・。欧州古楽最前線のレベルの高さを垣間見た一夜でありました。しかしミーントーン調律なのにいつもとは随分違う響きに聴こえたのがちょっと不思議・・・。

2018年11月 6日 (火)

浪速でヴェスプロ直前リハ

4_640x4276日、浪速の人気ホールでの独逸の人気古楽グループと合唱団合同のヴェスプロ公演の通しリハにオルガン2台で参加。かなりユニークなモンティヴェルディになると聞いていたものの実際は挿入曲や演奏家の配置、様々な演出にひたすら仰天し興奮する2時間でありました。ソロ歌手陣や合唱も素晴らしかったが何よりもショームを踊りながら吹くカタリーナが最前列でけん引する器楽アンサンブルが凄い!明日の本番楽しみであります。

5_640x427リハの合間にホール御近所の庶民的な街「京橋」でランチは開店前から行列出来る人気食堂で日替わり定食。こちら400円台の定食が主流で500円という高額な(笑)日替わりはおかずの豊富さと豚汁付きという内容で実に豪華。流石浪速の庶民的な街は物価が昭和のまま?

2018年11月 5日 (月)

豪華な組み合わせのヴェスプロまもなく!

4_640x4275日、東西で大好評だった初来日のドイツ人気古楽グループがこれまた来日公演大好評という伯林の合唱団と合体しての浪速の人気ホールでのヴェスプロ公演のリハにオルガン2台で参加。昨日までの管楽器メインからVn、Vg,ヴィオローネなど弦楽器とサックバット、ツインク、リュードなどが増員し大編成に。豪華なソリストと強力な合唱団を交えて迫力あるモンティヴェルディを披露。

3_640x427今回特筆すべきは両サイドのバルコニーなどホール各所にオルガンを含む器楽隊(オルガン上げ大変!)と歌のソリストを配置し舞台の演奏と天から降り注ぐ音が立体的に交わる演出ですね。豪華な内装を誇るこちらのホールならではの独特の響きになりそうであります。流石に今回1回だけの豪華特別編成の公演だけにチケットもう残数僅かとの事。お聴きになりたい方はすぐにご予約を!

2018年11月 4日 (日)

ドイツ人気古楽グループ御江戸初登場!

1_640x4274日、御江戸西郊外の超人気ホールでのドイツから初来日の人気古楽グループの公演にオルガンで出動。ショーム・ドゥルツィアン・サックバット・コルネットという初期管楽器にリュート、オルガン、パーカッションという編成のアンサンブルが歌と多彩な演出も交えて実に強力!今欧州で人気絶大というのも納得の舞台でありました。このグループ次は浪速で大編成(器楽陣倍に増えるとの事)でのヴェスプロ公演を予定。かなりユニークなモンテヴェルディになると思われます(ポジティフオルガン2台使用ながら1台をオルガンギャラリーに上げろと言われ仰天中・・・)。乞うご期待!

2018年11月 3日 (土)

バーゼルの古楽グループ千秋楽

1_640x4273日、バーゼルの古楽グループの来日ツァーは都心の小振りなホールで千秋楽。ホール側から終演後なるべく早く搬出してくださいねと言われ?と思うも夜にまた古楽系の公演がありそちらに使うオルガン出来るだけ早くに搬入したいのでとの事。同じホールで1日に2台ものポジティフオルガンが来るとは珍しい・・・。

4_640x427今回のバーゼルの若手3人の高いレベルの演奏に感心するも何よりも驚いたのは若きイタリア人のコルネット。コントロール難しいはずの楽器をいとも簡単に多彩な表現で吹き分ける能力は今までこの楽器奏者の中でもずば抜けており、間違いなく今後のコルネット界の中心として活躍するはずの逸材でありました。是非ご注目あれ!

6_640x427終演後急いでオルガンを車に積み込み郊外の人気ホールに搬入。






2018年11月 2日 (金)

ドイツとバーゼルの古楽グループが関西で激突?

2_640x4272日、ドイツの人気古楽グループの初来日公演初日が浪速で、バーゼルの若手グループの来日ツァーが古都京で開催、両方にオルガン提供となったので久々に分身の術で両公演を担当。浪速の贅沢なホール、前夜からオルガン舞台に置いておくも朝全く調律狂っておらずビックリ。今時24時間空調入れてくれる太っ腹のホールでありました。

6_640x427京の人気ホールも舞台の環境安定しており古楽器には実にアリガタイ!照明LEDでも無く特別な仕掛けも無いのに舞台暑くならないのが不思議・・・。しかし流石古都のホールだけに内装は寺のお御堂をイメージしたとか。確かに和風のテイストであります。

5_640x427今日は2か所の公演共に初期バロック以前の曲をオルガンと管楽器と歌でという同系統の演奏であります。どちらに行こうか迷った方も多いのでは?浪速はフランス系(?)のコルネット奏者が活躍。

9_640x464_2京の方は若手ながら実力派として大活躍中のイタリアのコルネット奏者が素晴らしいソロを披露。1日に海外のコルネット奏者2人の演奏を続けて聴けたのは役得ながら貴重な体験でありました。ドイツの古楽グループは来週浪速で豪華メンバーによるモンティヴェルディのヴェスプロ公演も予定されております。乞うご期待!

2018年11月 1日 (木)

独逸の人気古楽グループ初参上!

1640x427_21日、バーゼルのコルネット、ソプラノ、オルガンのトリオの来日ツァーに続き(まだ京都・東京2公演残ってます!)、浪速の人気ホールでの古楽シリーズ第1段、ドイツの人気古楽グループの初来日公演の前日リハにオルガンで出動。改装工事のための長期休館を終えリニュアルオープンしたこちらのホール、バブル期絶頂の建築だけに内装も実に豪華、音響も極上であります。

640x441中世、ルネサンスから初期バロックまで幅広いレパートリーを持つという今回初登場のグループ、ショーム・ドゥルツィアン・サックバット・コルネットなどの管楽器をメインに実にゴージャスで躍動感溢れる演奏を披露。流石欧州で超人気だけある鉄壁のアンサンブルは聴き応え充分。乞うご期待!しかし明日は京都大阪でコルネットが競演、聞けば同時期もう一か所でもコルネットの演奏あるそうです。滅多に聴けない楽器なのにこの重なり具合は何故?


2018年10月30日 (火)

温泉の香りするオルガン

35_640x427_230日、バーゼルの古楽トリオの来日ツァー も前半戦のみちのくと越後の公演が終了し折り返し地点となる今日は越中の駅傍のホールでの公演。驚異のコルネットは相変わらず絶好調の様子。今までと全く次元が違う若き俊才の演奏、残り少ない公演で是非お見逃しなく!

6_640x427全国を廻る中今日も空き時間にホールご近所(ちょっと遠かった?)の秘湯温泉に出陣。山奥の寂れた元湯治場という年季の張った建物がまず温泉マニアにはどストライク! 無人の入口で料金を箱に入れもう使っていない湯治客用部屋を通り長い階段を下って河原傍の小さな浴場へ。脱衣所に何か怪しく動く物がいると見てみるとナント沢蟹!

19_640x427天然掛け流しの浴場に入ると余りの豊富な湯量に洗い場が水没しており入室するなり入浴する羽目に・・・(今日のヴェネチアみたい・・・)。硫黄臭漂う少しぬるめの炭酸泉は実に心地良し!幸い貸し切り状態で入浴出来至福の温泉タイム、マイベスト3に入る秘湯でありました。コンサートでOr奏者から「何故かオルガンから温泉の香りするのですが・・・」と言われ赤面。連日の温泉巡りで香りがオルガンにも移ったのでしょうね。




より以前の記事一覧