梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

2017年9月13日 (水)

話題のVespro早くもTVに登場

9_640x425この6月久々に来日し自国民ならではの極上のMonteverdiの演奏を聴かせてくれた伊太利の老舗人気古楽アンサンブルの東京公演が早くもTVに登場。明日、明後日2日連続で放送されますので是非お見逃しなく(いつものように早朝なのでご注意を!)

2017年8月23日 (水)

西は猛暑の夏

3_640x42723日、浪速郊外のホールでの合唱団リハにポジティフオルガンで出動。連投続きのオルガン今日も調律無しでリハに突入出来るかと期待するも御江戸と違い記録的猛暑続く関西では車の中で楽器が蒸し焼き状態となっていた様でウィーンフィルが御相手ですか?と言う程ピッチが上昇しており慌てて調律する羽目に。

4_640x427ランチは浪速らしい物でもとご近所で評判の饂飩屋へ。カレーうどんが有名との事で行列嫌いが珍しく並んで入店。モチモチの心地良い歯応えの麺と深みある程良い辛さの相性良く量も値段も良心的、イラチの浪速人が大人しく並ぶ程の人気振りに納得でありました。

5_640x427最後は某演奏家からの「夏バテのせいかチェンバロの御機嫌斜めで助けて!」というSOSを頂き急遽参上。不調の原因を調べてみると楽器の変化では無く湿度計の表示値の誤差だと判明。道理でベストの湿度にしても御機嫌良くならない訳でした。結局楽器には全く触れず湿度計のチェックのみで問題解決出来てヤレヤレ。





2017年8月20日 (日)

冷房効き過ぎ

2_640x42720日、ハマの老舗駅前区民ホール(十数年振りに参上かも)でのリハに連日登板のポジティフオルガンで出動。今日も時間節約で搬入後すぐにでもリハ開始したいとの事で前日の調律のままで突入するも冷房効き過ぎる(!)親切な会場のお陰で当初ピッチが思うように上がらずちょっとヒヤヒヤ。しかしこちらの小ホールは残響豊かでコンパクト(百席)なので昔は古楽系に人気でしたが最近は殆ど使われていないのでは・・・。

2017年8月19日 (土)

謎多きホール?

6_640x42719日、下町の人気ホールでの地元合唱団総出演という音楽祭にポジティフオルガンで出動。朝イチに楽器搬入しすぐ調律、リハは昼、出番は夕方(それも調律時間殆ど無し)という中々ハードな現場ながら前日スタジオでの調律でほぼOK、長年の経験の賜物が物を言った次第(出たとこ勝負とも言いますが・・・(笑))

2_640x427次回こちらの小ホールに大型フォルテピアノ持ち込みの予定ながら結構厄介な搬入口で知られているので(一方通行を逆行しないと辿り着けない?)心配するも実は秘密搬入経路が2つもあると伺い仰天。大ホールの舞台裏には現代美術の巨匠の絵がさり気無く大量に飾ってあったりとナントも謎の多いホールであります。




2017年8月13日 (日)

野良黒のいる会場

2_640x47113日、リハ出動前に神保町の古音盤屋のバーゲンを冷やかすも見るだけのはずが気が付けば結構散財する羽目に(昭和初期の世界の名演奏家の日本録音を結構入手、これは次の秘密企画のネタとして使用予定)。深川のリハ会場に到着すると建物内に戦前の人気キャラの記念館があり早速見学。他にも膨大な蔵書の漫画図書館も併設しており予想外に充実した施設でありました。

3_640x427また他にも江戸職人の仕事場(寄木細工職人だとか)を完全復元した部屋もありリハの待機時間も退屈せずアリガタシ。街外れの公共施設が江戸工芸や漫画文化にここまで凝った展示をしているのは凄いですね。会場近くの商店街でも夏祭りがあったようで夜は閉鎖した道路のど真ん中で町内会の大宴会が始まっており流石下町と感心。

4_640x427今日は合唱団の公演の事前リハにポジティフオルガンで出動。事前に調律済ませていくも現場でエアコンの風直撃の為エライ狂い様で大慌て(汗)。調律維持が難しい時期であります。





2017年8月 8日 (火)

ハルモ二ウム登場!

3_640x4278日、長いお付き合いのCb奏者のオケ卒団記念公演に珍しくお客として参上。渋谷駅近くの某公営ホール(入口にこんな珍しい物が飾ってあるのですが)、EVが少ない上に入口周辺が狭く一度に大勢のお客をさばく事が出来ず大混乱、結局15分押しでやっと開演。しかし実に渋いプログラムに満杯近いお客がお越しになるとは流石今回の主役の人徳ですね。また今日のもう一つの主役は初登場という百年前のオリジナルのハルモ二ウム!今までこの楽器の指定があってもリードオルガンで誤魔化していたのですがやっと日本にも本物のコンサート用ハルモ二ウムが現れ嬉しい限り。

2017年6月 5日 (月)

本場のモンテヴェルディ

1_640x4275日、伊太利老舗古楽グループのモンテヴェルディ・ベスプロ公演2日目(悲しいかなこれで千秋楽)は御江戸郊外の人気ホールで開催。大改修終えたばかりという舞台は以前より残響豊かになったようで古楽演奏にはアリガタシ。また照明も一部LEDとなり舞台上の温度湿度の変化も劇的に改善されこれまた調律師にとってはアリガタシ!

3_640x427ベスプロを日本で伊太利の古楽グループが演奏するのはもしかして初めてか?自国の作品の演奏だけに今まで聴いた事が無い濃密なモンテヴェルディでありました。今日の演奏は某国営放送が収録しており9月にはBSで放送予定だとか。生で見れなかった方は是非お見逃しなく!彼らの公演は小編成でのプログラムがもう1日ありますのでこちらも是非お聴き逃しなく!(今度はマエストロのチェンバロソロもあります)


2017年6月 3日 (土)

伊国老舗オケ来日公演スタート!

5_640x4723日、伊国老舗古楽オケ久々の来日ツァーがハマの老舗ホールで開幕。無闇にトンがる事無く肉感的で芳醇な演奏は流石!オラが國の作品はこうやって演奏すべしと言いたげな説得力溢れるモンテヴェルディの演奏でありました。通常とは一味違うマイルドなミーントーン調律もその艶やかな演奏の一因だったのでは・・・。

1_640x4271954年開館という日本最古の公営音楽専門ホールも来年改修工事の為長期休館になるのだとか。まだ戦後の混乱期だったはずの63年前に作られた歴史的な建物だけに今だに謎の多いとの事。目立つ場所にありながら入るドアが無い「開かずの間」なんて言う不思議な部屋もあるそうですね。しかし改修工事のお陰で折角のホールご自慢の音響が変化しない事を祈るばかりであります。


2017年3月17日 (金)

残響7秒の響き

1_640x48017日、ご近所の大聖堂でのモンテヴェルディ生誕記念公演にポジティフオルガンで出動。久々に残響7秒という豊かな響きの中での歌と器楽の演奏を堪能。meantone調律も実に綺麗に響いておりました。やはり西洋古楽はこのような音響の中で作られて来たのだと改めて実感した次第。

2017年3月16日 (木)

モンテヴェルディ生誕450年

3_640x49016日、今年はモンテヴェルディ生誕450年ですね。それを記念する公演のリハにオルガンで出動。久々にオルガンをMeantoneに調律、昔はMeantone調律でのアンサンブル演奏は中々難しかったのですが今や管・弦楽器共にしっかりと対応出来る時代になったようで頼もしい限り。中々対応難しかったリュートも「分割鍵盤(フレット?)」なる仕掛けでクリアしているとの事。時代は進む!と感じる此の頃であります。

より以前の記事一覧