梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

2018年2月15日 (木)

梅開花

1_640x42715日、都心を移動中立ち寄った庭園ではもう紅梅が開花中。春の到来を僅かに感じる陽気の中での密やかな花見でありました。このまま暖かくなってくれれば良いのですが・・・(まだ雪国遠征続く予定)。

2018年2月14日 (水)

ムショ訪問

1_640x427

14日、そろそろ年貢納めの時期到来、何故かいつも郵送される申告用紙が来ないので税ムショに出向いて尋ねるも「今年から一部の方には送ってません。申し出頂ければ送ります。経費節減です」との事。確かに電子申告なので不要という方も多い時代ながら「申告書来ないので今年は年貢払わんでも良いのけ?」という反応も結構有るとの事。そりゃそうだわな・・・。

2_640x465ムショからの帰りふと見ると半世紀前私の幼少時代からあるパン屋の看板がまだ現役で活躍しているのを発見しビックリ。もう年季が入り過ぎて絵柄は殆ど消えてますがシルエットは往年の凛々しいままでしたね。イヤ懐かしい!

15_640x427ムショの次は某大学に伺い若い世代のアート作品を鑑賞。日頃接している古楽とは対極の最先端のカルチャーを拝見、デジタルテクノロジー全盛時代に敢えてアナログテイストを取り入れている作品もあり中々刺激的でありました。

26_640x426関西から御江戸に移動するも車中から美しい「夕暮れ富士」を鑑賞。久々に御江戸に戻るもまだ街の片隅に雪残っているのにはビックリ。

2018年1月29日 (月)

L・Foujita没後50年目

3_640x418 29日、今日は二十世紀前半仏蘭西・巴里美術界華やかな時代に大活躍した邦人画家L・Foujitaの没後五十年目の命日という事で、たまにコンサートでもお伺いするご近所の美術館で開催中の作品展を拝観。「美術」も「音楽」も高揚していた輝ける巴里の幸せな時代(ランドフスカと同じ時代!)の香りが濃厚に漂う作品陣素晴らしい。

2018年1月28日 (日)

今話題の・・・

1_640x46328日、訪問先近くの高級外車販売店のショーウィンドーを覗くとこんな看板が。今話題の(?)仮想通貨一億円まで使えます!というのにはのけ反るもアブク銭で買物する方(失礼!)はやっぱり御利用するんでしょうかね・・・。

2018年1月21日 (日)

昨日に続き・・・

2221日、昨日に続き某所で多彩な宗教曲を連続で拝聴。「叩き唄い」ソロパーフォマンスも・・・。

2018年1月20日 (土)

叩き唄い

2320日、今日は訳あって某所で複数のパーカッションを1人で叩きながらの「弾き唄い」ならぬ「叩き唄い」のソロパフォーマンスを正装にて最前列で鑑賞。

2018年1月17日 (水)

震災23年目に思う

Photo1月17日。阪神淡路大震災から今日で23年経ちますが今だにあの早朝の出来事は鮮明に思い出されます。今だに住み続けている神戸の街も震災の傷跡が殆ど見えないようになってきていますが地震前の姿と余りに違う姿への変貌振りには正直複雑な心境で眺めるしかない思いです。地震によって失われた物は尊い多くの命の他にも余りにも多いのではないでしょうか。果たして街は復興しているのか?もしかすると傷ついたまま外観だけ取り繕っているだけではないのだろうか?改めて震災について色々思い巡らす日となりそうです。犠牲者の皆様のご冥福を改めてお祈りいたします。

写真は地震直後の当時のスタジオの様子、縁側と最初の部屋は剥き出しになってしまいチェンバロを置いていた奥の部屋が丸見えに・・・。しかし瓦礫の隙間に埋もれていたチェンバロ(Yoshidaフレンチ)は奇跡的に救出出来たのでした。梯子を伝ってチェンバロ持ちだしたはずなのですが今となってはどうやって運んだのか全く記憶無し。

2018年1月 2日 (火)

諸芸上達

32_640x4272日、所要で移動中に立ち寄った芸能の神弁才天様を祭る事で有名な神社で頂いたのが「諸芸上達御守」。御守の通り今年1年も様々な芸の上達に邁進していきたいものであります。

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

8_640x427元旦。今年も無事綺麗な初日の出を拝む事が出来ました(雲が掛かり少しヒヤヒヤしましたが・・・)。幸先の良い年初めとなりそうです。新しき1年何とぞよろしくお願いいたします。

2017年12月22日 (金)

ご婦人は酒場がお好き?

1_640x42422日、訪問先の近くでランチは大衆酒場兼定食屋という呑兵衛なオッチャン御用達のようなお店で肉柳川丼(他では余り見掛けない珍しいメニューでしたね)。もう昼酒グビグビの殿方ばかりかと見渡すと何故か店内ご婦人の方が多い・・・。普通の定食屋なら食べたらすぐに出ていけという雰囲気ながら酒場なら長居しても文句言われない・・・というのがご婦人達に人気の原因なようですね。しかし頑固店主が陣取る勘定場なんて久々に見ました。

2_640x411食事後商店街を歩いていると閉店した店内にLPレコードが剥き出しで大量に捨ててありビックリ。前は一体どんなお店だったのか・・・。しかし何故レコードだけでジャケットが無いの?




より以前の記事一覧