« 18世紀英国人の拘り | トップページ | 楽器満杯 »

2024年6月17日 (月)

フォルテピアノ・チェンバロ練習サービス開始

3_2024061721210117日、独逸製フォルテピアノを江戸川区のサロンに搬入。階段上げが困難なので吊り上げで2階上げ。17_20240618094301このサロンではフォルテピアノと1段ジャーマンの練習サービス がスタート。フォルテピアノは独逸製のシュタインモデルでモダンピッチ対応可能、チェンバロは阿蘭陀製1段ジャーマン(ミートケモデル)。

14_20240617214201 今迄コンサート(キャパ50席)やCD録音で使用していた天井まで高さ5mもある音響最高の広い空間で存分にフォルテピアノ、チェンバロを弾いて頂けます。

18_20240617213001楽器搬入後ご近所で最近見つけた小さな魚料理のお店でランチ。上質な魚を安価で出すお店は大繁盛で時間帯外さないと行列必至か?今やサロンに行く大きな楽しみのひとつに。

28_20240617213401スタジオに戻り修理完成間近の英国製イングリッシュ2段を某演奏家が試奏。長年冬眠状態で鳴りが鈍かったチェンバロをアッと言う間に目覚めさせ豪快に鳴る様にしてしまった抜群の鍵盤コントロールに感嘆!イングリッシュモデルからこんなに甘く明瞭な音色が出るとはビックリ。

« 18世紀英国人の拘り | トップページ | 楽器満杯 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 18世紀英国人の拘り | トップページ | 楽器満杯 »