« 豪雨の合間にフォルテピアノ運送 | トップページ | 同郷デュオ »

2024年6月 3日 (月)

楽器3台ご機嫌伺い

3_202406032310013日。ドッグ入り中の楽器陣のご機嫌伺いの1日。長年弾いていなかった国産小型超軽量スピネット総分解し各部再調整すると徐々に張りの有る音色が復活。僅かな面積の響板ながら鳴りが良いのにビックリ。

12_20240603231701次に二百余歳の老ピアノと独逸製5オクターブフォルテピアノの2台をいつも試奏お願いしている奏者に弾き比べしてもらいながらご機嫌伺い。約30年余殆ど弾いていなかったコピー楽器をコンサートで活躍するオリジナルフォルテピアノと連続して弾くと即座に鳴りが変わっていくのが面白い。

« 豪雨の合間にフォルテピアノ運送 | トップページ | 同郷デュオ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 豪雨の合間にフォルテピアノ運送 | トップページ | 同郷デュオ »