« モダンピッチのフォルテピアノ本番 | トップページ | 立派な茸 »

2023年6月14日 (水)

木製カプセルのフォルテピアノ

3_2023061415150114日、昨日まで凄い湿気の舞台に出陣していたモーツァルト時代のフォルテピアノのコピー(Louis Dulcken1790)、アクションメカニックがオリジナル仕様の木製カプセル。実はモーツァルト時代のシュタインやワルター等コピー楽器は殆どオリジナルとは違う金属カプセルに変更されている中貴重な存在か。ただオリジナル仕様の木製カプセルは湿度変化に弱く凄い湿気にあうと回転部分が固まり音が出なくなるトラブルが多いとの事。日本フォルテピアノ界の先駆者堀栄蔵氏作のシュタインモデル(1号機との事)も当初オリジナル通りの木製カプセルだったのがコンサートでトラブル多発したので仕方無く時代が違う金属カプセルに変更したそうな。昨日出陣の米国製の楽器は環境変化激しい大陸で揉まれていたお陰か日本の雨季の凄い湿気でもトラブル無しでアリガタシ。

« モダンピッチのフォルテピアノ本番 | トップページ | 立派な茸 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モダンピッチのフォルテピアノ本番 | トップページ | 立派な茸 »