« ウィーン式ピアノで聴くショパン | トップページ | みちのくの16fチェンバロで公開レッスン »

2022年10月 1日 (土)

モダンと古楽の幸せな融合

2_202210020030011日、古楽の重鎮率いるモダン室内オケ本番。オリジナルフォルテピアノとモダンオケの共演でのショパンPfコンチェルト2番、しかも会場は年季の入った2千席の大ホールとかなり冒険的な公演ながらフタを開けるとフォルテピアノガチ生音でモダンオケ相手に互角の健闘振り、1階最後列2階の下の席が極上のバランスだった様子、老舗大ホールがこんなに音響良く聴こえた事にビックリ。勿論百戦錬磨の指揮者の匙加減と繊細なオリジナルピアノを限界まで鳴らしたピアニストの力量の功績多し。ショパンとウィーン式ピアノとの相性の良さも良く判ったのでは?モダンと古楽の幸せな融合が垣間見れた至福のひと時でありました。

« ウィーン式ピアノで聴くショパン | トップページ | みちのくの16fチェンバロで公開レッスン »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーン式ピアノで聴くショパン | トップページ | みちのくの16fチェンバロで公開レッスン »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ