« 現代ピアノとフォルテピアノの連続演奏 | トップページ | ドッグ入りチェンバロご機嫌伺い »

2022年1月26日 (水)

運送屋稼業

1_2022012618060126日、東西の楽器移動、3台の楽器のドッグ入りと運送屋稼業の1日。まずは独逸製ブントフライの大型クラヴィコード2階階段降し、チェンバロと違い大型でも楽器が短く軽いのでスムーズ。次は出陣予定の独逸製2段フレンチを西のスタジオへ。3台目は日本製2段フレンチの運び出し。重量有るチェンバロがグランドピアノの隙間にピッタリとはめ込まれており部屋から出すだけで四苦八苦。結局ピアノの上に一旦乗せて梱包してチェンバロ乗ったままのピアノを少しずらして窓から運び出すという荒業でナントか積込に成功。最後はコンパクトながら調律全く狂わずピッチも音量も自在に可変出来るという賢いチェンバロの運送。

« 現代ピアノとフォルテピアノの連続演奏 | トップページ | ドッグ入りチェンバロご機嫌伺い »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代ピアノとフォルテピアノの連続演奏 | トップページ | ドッグ入りチェンバロご機嫌伺い »