« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月30日 (金)

子鴨はどこに・・・

3-640x40330日、久々の早朝川辺散策、昨日の大雨で鴨ファミリーどうなっているか心配するも案の定川辺の居住空間だった草むらが水没したようで子鴨の姿無し。しばらくすると母鴨だけ現れるも日頃は仲良い雄鴨を追い出すなどかなり興奮気味。

4-640x469どうも子鴨が行方不明になってしまったようで母鴨は巣跡近くに陣取りひたすら子鴨現れるかと鳴き叫ぶばかり・・・。激流に飲まれて海にでも流されてしまったのか。

7-640x427_20210430111601 子鴨の安否心配で仕事も手に付かず昼前再度見に行くと幸い子鴨達を河口の岸で発見!一晩生死の境目を彷徨っていた為かもう精根使い果たした様でしたね。

8-640x426_20210430111301しかししばらくするといつものように親子で元気に泳ぎ始めたのでひと安心。8羽皆助かったようですね。

2021年4月29日 (木)

GW突入

640x426_2021042918260129日、いよいよGW突入。例年なら行楽客で恐ろしい程渋滞する高速道路今日はガラガラで実に快適(荒天のせいもあるのかも?)。しかし今年のGWは高速休日割引無いとは知らなかった・・・(怒)。

2021年4月28日 (水)

円盤と格闘

2-640x427_2021042820070128日、差し入れ弁当買出しに珍しく都心の百貨店に向かうも店舗は殆ど閉鎖の緊急事態。それでも地下食料品売り場はかなりの人出、皆さんこんな時でも食欲だけは旺盛な様子。弁当の次は古音盤のバーゲンセールへ。サラサーテ自演のチゴイネルワイゼンの盤など入手。

5-640x427_20210428201501都心移動中お馴染みのホール近くの長崎ちゃんぽんが名物のお店を久々に訪問。相変わらず元気に営業されている様でひと安心するも新メニュー「あんかけスパ」登場との貼紙見てその逞しさに感嘆!それ名古屋の名物で長崎とは全く関係無いはずですが・・・。

10-640x427_20210428201901コロナ禍のご時世でも道楽が仕事になるとはアリガタシ。今日はこんな円盤相手に格闘中。やはり百年前の物は大量生産品でも味わい深い!

2021年4月27日 (火)

スタジオ千客万来

640x427_2021042719010127日、久々にスタジオ演奏家千客万来?コロナで少々寝惚け気味のポジティフオルガンと30年の冬眠から目覚めつつあるスピネット入れ替わりで長時間弾き込みの1日。今日もまだ全国で湿度低目の箇所多かった様子、このままGWに突入すればかなり乾燥長期化する可能性あり、要警戒であります!

2021年4月26日 (月)

久々のオルガン調律

640x427_2021042616170126日、出陣に備えて久々にマイオルガンの調律チェック。数ヶ月前の舞台での調律のままながら殆ど狂っておらずひと安心。チェンバロと違って張力掛かっていないオルガンは温度の管理徹底すれば調律維持出来るのがアリガタシ。弦張替えたばかりの独逸製スピネット、今回使用した特注鉄弦数回の調律でもうピッチ安定した様子。このスグレモノの弦一体どんな成分配合なのか?今日も全国的に異常乾燥継続中!

2021年4月25日 (日)

異常乾燥継続中

18-640x43525日、連日の春の異常乾燥(例年ならGW頃なのですが)今日は西日本の方が乾燥酷い様子。昨日倫敦から日本に到着した方から連絡頂くも250席の飛行機に乗客たった1人!ナントも贅沢な空旅だったとの事。

2021年4月24日 (土)

特注の鉄弦

640x427_2021042416440124日、チェンバロの乾燥トラブル発生との事で朝から出動するも簡単に御機嫌直りホッ。今日もまだ乾燥激しい地域多い様子、引き続き加湿怠りなく!昨日弦総張替え終えた独逸製スピネットをピッチ上げ。今回使用した鉄弦は材料にとことん拘る某チェンバロ製作家が既成品に飽き足らず独自に特注したというスグレモノ、明瞭な音色と断弦の心配無い安定感が素晴らしい!しかし特注だけあって1回に凄い量を頼む羽目となり一生掛かっても使い切れないよ~との事。

 

2021年4月23日 (金)

弦総張替え

5-640x42623日、今日も異常乾燥発生中。ドッグ入り中の独逸製スピネットを都心にある某チェンバロ工房に持ち込みこの工房オリジナルの特注弦を使わせて頂き弦総張替え。約30年以上も放置されていたという楽器ながら独逸らしい堅牢な作りでボディが全く変化していないのに感心。帰り都心を通るも呑み屋どこも結構繁盛の様子、緊急事態宣言前外呑み出来るのは今日明日だけなので最後の晩餐状態になったのかも?

2021年4月22日 (木)

異常乾燥来襲中!

14-640x440_20210422171701 22日、急に御機嫌斜めになったというチェンバロの救助の為個人宅に出動。どうもここ数日の異常乾燥の影響だった様子。今日は御江戸曇天ながら強烈な乾燥来襲中、中には全国で湿度一桁というトンデモナイ乾燥の地域もあったとか。しばらく加湿器用意して湿度チェック怠りなく!

2021年4月21日 (水)

子鴨の授業?

5-640x46121日、早朝川辺散策で再び親子鴨軍団に遭遇。ちょうど子鴨引き連れ海に出て遠泳訓練するはずが1匹の子鴨がこちらに突進してきたので急遽皆で人間観察の授業に変更した様子(もしくは愛想振り撒き餌もらう訓練か?)意外に機敏に動く子鴨の可愛い事!しかし先日よりもう3羽も減っているではないか・・・。

14-640x427_20210421225601我が街も緊急事態宣言再び始まるとお気に入りの店も閉まるのでは?と食べ納めで中心街の馴染みの蕎麦屋で好物「ぶっかけ蕎麦」。御江戸の本寸法とは全く違うコテコテの盛りが素晴らしい!女将の神業的な客捌きも味わい深い・・・。いつもは静かな西のスタジオの周辺今日はお大師さんの日で人出多く賑やか、夜チェンバロ積み込み500km爆走。

2021年4月20日 (火)

異常乾燥注意!

25-640x47220日、連日の春の晴天心地良いものの湿度急降下で冬並の異常乾燥発生中!楽器の乾燥トラブル出る可能性高く加湿器まだ仕舞えないですぞ。しばらく湿度乱高下するので御用心あれ!

 

2021年4月19日 (月)

再び公演中止発生

3-640x427_2021041917160119日、久々にコロナ感染拡大の影響での公演開催直前中止が発生。数か月振りに上野の老舗ホールにチェンバロ担いでお伺い出来ると楽しみにしていたのに残念・・・。緊急事態宣言再発動すれば再び公演中止延期が多発するのかも?もう中途半端な事はせずコロナ収束に向けて思い切った手段を取らないといつまでも元には戻らないと皆判っているはず!

3-640x427_20210419172901今日は天気も良いのでスタジオご近所(チト遠い?)で花見。藤の名所という海沿いの神社残念ながらまだ開花したばかりで時期尚早、牡丹の名所の古寺はもう花は散り遅すぎた・・・。

20-640x427_20210419173401訪問先ご近所にある御贔屓の海沿いの小さな酒蔵に立ち寄りここでしか入手出来ないスパークリングのしぼりたて新酒を購入、例年は沢山在庫ある時期なのにコロナの影響か宅呑み族の注文殺到したとの事で最後の1本を辛うじてゲット!

21-640x427_20210419173901帰りに漁港市場でランチ。久々に御当地名物をと観光客相手の行列店を避け地元民御用達の老舗店で「玉子焼き」。フワフワアツアツを出汁に浸けて頂くシンプルなスタイルは昔のままでひと安心。

2021年4月18日 (日)

子鴨発見

2-640x44418日、恒例の早朝川辺散策、今日は生れたばかりの子鴨をこの春初めて発見。11匹もの子率いる母鴨意外にもスパルタ教育で餌は絶対直に与えず捕食のお手本示すだけ。実はこれだけ子沢山でもベテランウォッチャーによれば例年子鴨の生存率は10%位では?との事、やはり自然界は厳しい・・・。

6-640x405一時期のボラ食べ放題はもう終わったものの鷺や鵜が魚を狙って多数来襲中。青鷺の狩猟風景その敏捷な動きが中々見物。

2021年4月17日 (土)

撮影OKどころか・・・

5-640x427_2021041717150117日、御近所のユニークな木工専門ミュージアムで開催中の仏国人イラスト展?を観覧。最近のミュージアムは撮影OKどころか積極的に写真撮って情報拡散してねというスタンスか。こちらの大工道具の展示は圧巻。

1-640x427_20210417172301ランチは近くの有名隠れ家蕎麦屋へ。こちらのお店名物のうどんもビックリという巨大な太切り蕎麦を汁だけでなく刺身醤油でも頂けるスタイル風変りで面白い(無理言えば塩だけでも食べられるとの事)蕎麦の味香り歯応えを存分に堪能出来る御贔屓の逸品。

2021年4月16日 (金)

ハイテク時代

5-640x427_2021041619520116日、昨日に続き大御所作のパイプオルガンの御機嫌伺いの1日。オルガン調律の現場も今やハイテク時代、パソコンに現状データ入力して適正ピッチ割り出し、高性能チューナー5台をパイプに合わせて使い分けなど昔では考えられない機械頼りとなってしまった様子。まあ最後の匙加減は人力なのですがね。

2021年4月15日 (木)

大御所作のオルガン

1-640x427_2021041519250115日、最近続く中部焼物の街出張、今日も現地入り前に御贔屓の迷?建築ミュージアムを外から拝見。何度見ても不思議なデザイン。

12-640x427_20210415195201今日は我国オルガン界大御所の晩年作の中型楽器の御機嫌伺い。各所に仕込まれた大御所独特の作風をじっくり堪能しながら調整の1日。

16-640x427_20210415201801ランチは御近所の讃岐うどんのお店へ。本場風の各種うどんが用意されているのに何故か讃岐には無い?味噌煮込みうどん注文する方多し・・・(私も注文)。やはり中部地方ではうどんと言えば味噌煮込みなのでしょうね。

2021年4月14日 (水)

ビフカツ

640x427_2021041416180114日、久々に地元各地を所用で移動。昼は地元資料豊富な古書店や各種大衆食堂が揃う少々寂れた御贔屓商店街でランチ。小さな洋食屋のビフカツ定食、巨大なカツと濃厚なデミグラスソースが絶品。御江戸なら行列必至の味ながらこちらでは余り人気無し(超安価で美味な店多い激戦区なので)最近はコロナ時代の安全な食べ歩きとして開店直後の空席時しか利用せず、これが私のせめてもの感染防止策か・・・、しかし美味いのに繁盛していないお店探すのが大変。

 

2021年4月13日 (火)

まだ加湿器仕舞えない・・・

1-514x38013日、西のスタジオに出動途中御近所の川辺を覗くもボラやカワセミは姿を消しチト寂しい・・・。常連の鴨の尻振りダンスを見れた位か。

2-640x427_20210413153201スタジオ前も桜が散り静寂の日々に逆戻り。まだ少々肌寒く暖房掛けているとスタジオ内乾燥気味か。加湿器まだ仕舞えない・・・。

 

2021年4月12日 (月)

厄介なメンテナンス

33-640x42612日、コンサートや楽器運送で走り回る日々もやっと一段落。楽器の御機嫌は良いものの長時間車の運転席に座りっ放しで我が身の方が少々へばり気味、慌てて主治医の鍼灸院に駆け込み体のメンテナンス。加齢の影響も出て来るようになり楽器メンテより厄介か?

2021年4月11日 (日)

1800席の大ホールでチェンバロリサイタル?

5-640x427_2021041123240111日、前日のみちのくの小ホールでのリサイタルに続き豪快な鳴りっぷりの16fチェンバロなら充分聴こえるでしょうと今日は隣の1800席の大ホールでチェンバロリサイタル開催・・・。確かにこのチェンバロなら隅々まで音が届いた様子でモダンピアノと比べても全く遜色無し!16fのパワーに感嘆。

1-640x427_20210411232901勢い余って遂には大ホールで小型クラヴィコードのソロ演奏まで・・・。

6-640x427_20210411233101本当は大ホール舞台上でのチェンバロによるレクチャー&公開レッスンでありました。しかし客席まで16fチェンバロの音が届いたのは事実、大ホールでのソロリサイタルも夢では無いかも・・・。ホールに2台のチェンバロが導入されて14年、最初はチェンバロに関心持つ方が殆どおられなかったのに今やチェンバロ講座を受講する地元民の方も多くチェンバロ公演も大盛況。この勢いで「チェンバロの街」と名乗りを挙げてしまおうかしら・・・

2021年4月10日 (土)

みちのくでチェンバロリサイタル

5-640x427_2021041018430110日、みちのくのホールでの16fチェンバロリサイタル本番は2年前このホールで録音したCDの発売記念公演。ゴールドベルグ変奏曲に続きこのホールのチェンバロでの2枚目の録音CDであります。

2-640x427_20210410185301録音では後で編集出来るのでと曲中で大胆なレジスターチェンジを連発するも生演奏ではかなり難易度高し。特に16fのレジスターは両手での操作となる為今日はアシスタントが身を乗り出し奏者の面前を遮っての操作に。暗譜で弾く奏者だから出来た荒業でありました。本番後半突然長年業界に居る私も聞いた事が無い異音が発生し演奏がストップ。すわ断弦かメカニックトラブルかと大騒ぎになるも奏者は何事も無かったように演奏再開。ちょっと特殊なトラブルだったようながら思わず先日遺品コレクションがホールに届いた故N先生が愛弟子の演奏を聴きに天から舞い降りてこられたのかと思った次第。

6-640x438こちらのホール、バックステージに奏者の練習(指慣らし)用のクラヴィコードを設置。チェンバロ2台にポジティフオルガン、そしてクラヴィコードと4台もの古楽器があるホールは世界広しと言えみちのくのここだけでは・・・。

7-640x427_20210410192201小ホールでの公演はほぼ満席、明日のレクチャー&マスタークラスは大ホールで!

 

2021年4月 9日 (金)

16fチェンバロでのリサイタル間も無く

1-640x427_202104091949019日、明日のチェンバロリサイタルの前日リハの為みちのくへ。北国でも桜が散り菜の花満開ながら高速道路で「降雪注意」とあり仰天。道理で寒い訳だ。

6-640x427_20210409200601明日のみちのくのお馴染みのホールでの16fチェンバロでのリサイタル、大御所奏者による大胆かつ多彩な音色コントロールが絶品、二人羽織状態での驚異のレジスター操作も見物か・・・。16fの迫力を存分に堪能出来る貴重な機会、是非お聴き逃し無く!

3-640x427_20210409202501ランチはホール御近所の魚市場内の食堂で海鮮丼。夜は同じく御近所の温泉旅館に宿泊。海の幸&温泉の贅沢な出張に。

 

2021年4月 8日 (木)

本番会場へ

1-640x427_202104082218018日、秀美氏音楽監督就任記念公演のリハ2日目は本番会場へ。前日より座席数が半分になり舞台も満杯状態、音響が変わるとオケの弾き方も変わるので同じ会場でリハ本番やりたいなあとマエストロ。ホール新設の話もあるので良い環境になる事を期待しますが・・・。

2-640x427_20210408222501こちらのホールの楽しみは御近所の小さな洋食屋、ネタ豊富な盛合せ定食頼むもここのライス並が他の特盛程あるのを忘れてました(ライス小盛でと恥ずかしくて言えない私)。辛うじて完食出来たもののチト容量オーバーか?

2021年4月 7日 (水)

秀美氏音楽監督就任!

9-640x427_202104071906017日、地元の室内オケのリハに白フレンチで出動。千席のホールでの本番ながらリハ初日は同じ建物内の倍以上大きい大ホール。チェンバロはCPEバッハで登板予定。

15-640x426今回はオケ創立40周年と共に地元出身でこのオケの初期メンバーでもある鈴木秀美氏の音楽監督就任記念を祝うメデタイ公演との事。これから秀美氏の棒の元でこのオケがどのような進化を見せるか楽しみであります。

10-640x427_20210407191601リハの合間にホール周辺散策、少し遠出して昔は東の浅草と並ぶ日本有数の歓楽街だった新開地を探訪。入口に建つボーリング場が最近閉鎖したとの事、ここは昔「聚楽館」という豪華劇場がありエルマン・ハイフェッツ・クライスラーやサッチモなど世界の巨匠達が多数演奏したという由緒ある場所でもありました。新開地の栄華を象徴する場再び落城か・・・。

2021年4月 6日 (火)

独米クラヴィコード弾き比べ

1-640x4396日、御近所の川を覗くと数は減ったとはいえ相変わらずボラの大群が!食べ放題堪能する鷺や追掛けて遊ぶ鴨などの姿も。

4-640x427_20210406161801新学期始まり某音大にチェンバロ・クラヴィコードの御機嫌伺いへ。この冬は例年と違い厳しい乾燥も少なかったのか調律も余り変化しておらず大助かり。記録的な「緩い冬」だった様子。こちらは約半世紀前の独逸製モダンタイプのクラヴィコード、長年弾き続けられた楽器ながらトラブル無くその堅牢さには驚くばかり。

14-640x427_20210406162301次に個人宅で拝見した米国製ヒストリカルタイプのクラヴィコード。こちらも頑丈に作ってある上に鳴りも良い。ベルギーのクラヴィコード演奏の名手が四半世紀前に来日した際にこの楽器お借りしてリサイタルしましたね。全くタイプの違う2台のクラヴィコード弾き比べ楽し。

7-640x451_20210406163201訪問先のご近所の小さなミュージアムで興味深い展示会を見つけ拝見。浪速船場のさる旧商家に残された様々な物を展示し明治から昭和初期に掛けてのモダニズムを紹介するという企画。百貨店で一般市民の声(演奏?)の録音請負の広告など初めて見ましたね。無料なのに豪華な解説本が付く贅沢な展示会。

2021年4月 5日 (月)

古都の賑わい

640x427_202104051725015日、西の古都の個人宅で米国製チェンバロの御機嫌伺い。豪快な鳴りに似合わず(?)環境変化に敏感なのが意外・・・。古都の名所周辺を通ると貸衣装と思われる和服姿の御婦人の姿多し、外人少ないものの(いない訳では無い!)観光客かなり戻ってきている様子。コロナ禍の緊張感希薄になってきてますね。

2021年4月 4日 (日)

70年前のマドリガルの録音

2-640x427_202104042214014日、仏蘭西製スピネットをさるお宅にお届け。同じ週末郊外へ車で向かうも昨日は大渋滞、今日は車少ないのが不思議。

4-640x395昼は神保町を通過したので思わず懐かしのホールの生存確認。もう閉館してかなり経過するも今だに建物解体しないのは何故?銘器と言われたパイプオルガンはどうなっているのかも気になるところ・・・。

8-640x427_20210404222101午後は某チェンバロ奏者のスタジオで蓄音器イベント、去年某所から奇跡的に見つかったという約70年前日本で初めて録音されたマドリガル合唱のSP盤を日本古楽史研究の有志が集まり鑑賞、そのレベルの高い歌唱力に感嘆!この貴重な録音の背景を知る関係者が勢揃いしたので皆が知るこの盤にまつわる様々な情報の交換を延々と。

2021年4月 3日 (土)

桃源郷

2-640x427_202104031914013日、八ヶ岳にチェンバロ運送で出動。途中甲斐の國ではちょうど桜と共に桃満開でピンク色の絨毯は正に桃源郷の様相。しかし春休みなのか高速早朝より大渋滞で皆さんコロナの事などお忘れになっている様子。普段なら折角信州に来ているのなら蕎麦行脚でもと思いきや余りの混雑に恐れをなして楽器積み込んで早々に退散。

8-640x427_20210403192501スタジオでは珍しく独逸製と仏蘭西製のスピネット2台揃ってドッグ入り。並べてみると堅牢な独製華麗な仏製とそれぞれお国柄が出ており興味深し。

2021年4月 2日 (金)

桜満開のみちのくへ

3-640x427_202104022236012日、御馴染みみちのくのホールでのチェンバロ・ポジティフオルガン・クラヴィコード試弾会の為演奏家3人とご一緒に北上。みちのくはちょうど桜満開!

1-640x427_20210402223901恒例のみちのくランチ今日は小さな漁港前の海鮮食堂で海鮮丼+アジ&カキフライ。初めて参加の方にもみちのくの海の幸堪能して頂けた様子。

4-640x427_20210402224201ホールは2月の地震被害まだ修復中との事でいつもの会場が使えず演劇専用ホールやそのバックステージ・楽屋などに楽器を分散して4人同時に試弾。しばらく出番無く寝ぼけ気味だった楽器も熱の入った弾き込みのお陰ですぐに鳴り全開に。

8-640x427_20210402224801今日は御江戸から某遺品コレクションをホールへ寄贈の為運搬。膨大な量なのでまずは倉庫で保管しゆっくり整理していく事に・・・。

 

2021年4月 1日 (木)

再び乾燥到来?

2-640x448_202104012154011日、御近所の公園、満開も終え落下した桜の花で埋まる池の水面下では元気にオタマジャクシが遊泳中。

1-640x427_20210401215901除湿器の出番到来と思いきや再び乾燥が来襲した様子で慌てて除湿器を停止、チェンバロの御機嫌取りも難しい時期であります。

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »