« CD店危うし? | トップページ | 第1次古楽ブーム? »

2020年11月 7日 (土)

百年前のエラールピアノ

23-480x6407日、11月23日池袋の洋館で開催の蓄音器レクチャー。今回は戦前日本で活躍した欧米製のピアノ特集との事で今日は解説(掛け合い萬歳?)の相方M氏とネタ合わせ。約百年前のピアノ黄金時代の銘器のエピソードを語り出すと二人共話止まらずネタ選びが大変!中でも先日某宮殿で聴いたばかりの仏蘭西の至宝「エラール」の兄弟楽器(90鍵フルコン)が実は国内某所で数台秘蔵されているという話が目玉になりそう。1台は神戸の高級ホテルで長年使用された後何故か所有者が点々とし果ては美容院の飾り台(!)になっていたそうな。別の1台は大物海外演奏家のコンサートに使われる程活躍していたのに数十年某所で人知れず打ち捨てられていたとの事、幸いどちらも最近救出されたようですが。其の外にも秘蔵ネタ多数披露の予定。乞うご期待!

« CD店危うし? | トップページ | 第1次古楽ブーム? »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CD店危うし? | トップページ | 第1次古楽ブーム? »