« 一番辛かった舞台仕事 | トップページ | エタ・ハーリッヒ=シュナイダーが登場する小説 »

2020年5月 8日 (金)

今話題のカウンターテナー

37最近ネット上で懐かしい歌声が飛び交っているようで思わず拝聴。2014年夏に札幌、函館、岩手、山形、富山、京都、東京と全国を駆け巡ったスイスの古楽グループ初来日ツァーでご一緒したカウンターテナー氏の素晴らしい日本唱歌。あの時もアンコールで披露して拍手喝采でしたね(この時のステージ覚えている方どの位いるのだろうか?)。また是非日本でそのピュアな声を聴かせてもらいたいものです。

6_20200508065901 鉄壁のアンサンブルも素晴らしかった!この時のCem奏者ヨハネス氏は去年4月バロックVnとのデュオ(全国5か所)で再来日(これも素晴らしかった!)、本当ならこの9月にも珍しい移調鍵盤2段ルッカースチェンバロをスイスから空輸して日本全国ソロで回るはずだったのですが・・・。

« 一番辛かった舞台仕事 | トップページ | エタ・ハーリッヒ=シュナイダーが登場する小説 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一番辛かった舞台仕事 | トップページ | エタ・ハーリッヒ=シュナイダーが登場する小説 »