« 名手の残り香 | トップページ | ルイロット&フォルテピアノ »

2019年11月23日 (土)

チェンバロの調整も奥が深い・・・

2-640x427_2019112318440123日、がドッグ入り中の2段チェンバロのオーバーホールの1日。35年前製作の楽器だけにタッチは少々強めの設定だったのでツメを少し弦から離し軽めのタッチに変更するも逆に音量が上がるのが面白い・・・。タッチが強めの方が大きな音で鳴るという訳では無く弦とツメのバランスのベストポジションに上手く収めるとタッチ軽くても音量豊かに鳴るようですね。勿論奏者のタッチとの相性もある訳ですが・・・。

« 名手の残り香 | トップページ | ルイロット&フォルテピアノ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名手の残り香 | トップページ | ルイロット&フォルテピアノ »