« 東西気温違い過ぎ・・・ | トップページ | 想い出深い会場・・・ »

2019年7月17日 (水)

日本の古典調律の歴史は関西から

4-640x427_2019071800010117日、西のスタジオで欧米で活躍中の実力派チェンバロ奏者の久々の帰国リサイタルのリハーサル。偶然ながら仏蘭西の大御所チェンバロ奏者 (実は彼女の師匠でもあるとの事)と同じ会場同じチェンバロでの競演となるそうな。チェンバロマニアは是非両公演の聴き比べをすべし!夜は古典調律の日本での元祖たる平島達司先生の元で調律を担当していたというベテラン調律師と久々にお会いして日本古典調律史の聞き取り調査を敢行。日本の古典調律の歴史は関西から始まったという数々のエピソードを拝聴。実は私も周辺にいたのですが中心人物の証言は実に興味深し!

« 東西気温違い過ぎ・・・ | トップページ | 想い出深い会場・・・ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東西気温違い過ぎ・・・ | トップページ | 想い出深い会場・・・ »