« フォルテピアノ陣勢揃い | トップページ | 渋谷でロッシーニ »

2019年6月19日 (水)

エタ・ハーリッヒ=シュナイダーと湯川秀樹

1-640x427_3519日、まずは個人宅で季節跨ぎでトラブル発生というシュタインモデルのフォルテピアノの御機嫌伺い。梅雨の湿気が原因かと思いきや異常気象による湿度乱高下の可能性高し・・・。今やどの季節でも加湿器除湿器を用意し湿度計をこまめにチェックしなくては安心出来ない御時世かも?

2-640x427_23 今月号の月刊文芸誌新潮には昭和16年初めて来日した本格的チェンバロ奏者エタ・ハーリッヒ=シュナイダーと日本人初のノーベル賞受賞者湯川秀樹が登場するという小説が掲載されてます(この2人の関係が実に興味深いのでチェンバロ関係者は是非お読みあれ!)。その著者である作家の黒川創氏が今日スタジオ来訪。今回執筆された小説で主役として登場したエタ・ハーリッヒ=シュナイダー、ナチスからの亡命、ゾルゲ事件、東京裁判への関わり等謎の多い人物なのですが彼女を小説の題材として選び出し色々調査されたという著者の方と様々な情報を交換させて頂きありがたし。

« フォルテピアノ陣勢揃い | トップページ | 渋谷でロッシーニ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フォルテピアノ陣勢揃い | トップページ | 渋谷でロッシーニ »