« 能舞台に古楽デュオ登場 | トップページ | 古楽デュオ越後へ »

2019年3月25日 (月)

ベートーヴェンとチェロの関係

1-640x427_125日、連日のチェンバロでのミーントン調律から一転今日は初台の人気小ホールにワルターモデルのフォルテピアノで出動。昨日の能舞台の明瞭ながらドライな響きとは大違いでこの会場の空席時の長~い残響に改めて驚いた次第(客が入ると激変するので楽器の位置決めが大変ですが)。

6-640x427_1今日はベートーヴェン研究の会の例会でチェロが主役。ベートーヴェンの最初期のチェロ作品をメインに彼に縁のあるチェロ奏者の作品も含む珍しいプログラムを演奏。チェロだけでなく弦楽器が5台も登場するという贅沢な演奏でありました。今日の会実は由緒ある組織だったようで会場に業界の重鎮の方が多数おられこちらもかなり緊張・・・。

« 能舞台に古楽デュオ登場 | トップページ | 古楽デュオ越後へ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能舞台に古楽デュオ登場 | トップページ | 古楽デュオ越後へ »