« Haasの16f付きチェンバロ | トップページ | 蓄音器コンサート終了 »

2019年2月27日 (水)

まもなくショパン特集開催!

640x48027日、いよいよ明日に迫ったショパン特集の蓄音器コンサート、今日はその準備でフル回転の1日。2回に分けてご紹介する歴史的音源のピアニスト達がまた凄い! ショパンの生演奏を聴いていたというプランテ、リストからショパンの演奏スタイルについてアドヴァイス受けていたというパハマン、直系の孫弟子となるローゼンタール、コチャルスキー、ジルなどショパンの演奏スタイルの継承者達などの演奏はショパン弾きなら是非知っておきたいところ。またショパン愛用のプレイエル、エラールなどフランス製ピアノが当時一体どのようなポジションだったかも聴き比べで明らかにします。これを知らずしてショパンを語るなかれ!

« Haasの16f付きチェンバロ | トップページ | 蓄音器コンサート終了 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まもなくショパン特集開催!:

« Haasの16f付きチェンバロ | トップページ | 蓄音器コンサート終了 »