« 2つのショパン企画のご紹介 | トップページ | 二刀流デュオ »

2019年1月25日 (金)

伊国製チェンバロお引越し

1_640x42725日、スタジオで出陣間近のフォルテピアノの最終チェック。メカも調律も安定しているものの練習に来た奏者より「怪しげな物体が楽器から出てきた}との報を受け(もしやGか?)内部探索するも幸い何もおらず・・・。スタジオは年中快適なので寒い冬は色々な物が侵入してくる様子、去年西ではイタチ?猫?のような物騒な方まで住み着こうとされちょっとした騒動でしたし・・・。

2_640x427昼はブクロの人気和食ランチ店へ。牡蠣汁焼魚煮物納豆玄米と実に真っ当な和風料理どれも美味。少々お上品な値段のお陰で大行列出来ないのもアリガタシ。午後は歌手の方とお茶をしながら情報交換。仏蘭西でここ最近メサイア公演増えているとの話が面白かった、彼らにとっては新鮮な曲なのだとか・・・。

4_640x427その後さる演奏家のチェンバロの引越をお手伝い。伊国の人気製作家作のジャーマンもう日本に来てから年月経つも今だヨーロッパ風の鳴りっぷりを維持しており感心(管理が良かったお陰か) お届け先で秘蔵の約百年前の素晴らしい楽譜コレクションを拝見し仰天。いや御宝はある所にはあるもんですね。

5_640x427続いて同じ伊国の人気製作家作のフレンチの引越のお手伝い、こちらも出来立てと同様の豪快な鳴りを維持しており感心。部屋の湿温度管理が上手く行くと海外製のチェンバロも実に安定するものです。








« 2つのショパン企画のご紹介 | トップページ | 二刀流デュオ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊国製チェンバロお引越し:

« 2つのショパン企画のご紹介 | トップページ | 二刀流デュオ »