« フォルテピアノ入りのモーツァルトオペラまもなく! | トップページ | 尖った弓が・・・ »

2018年12月 4日 (火)

モダンと古楽の幸せな結合

1_640x4274日、師走恒例のモーツァルトオペラ公演リハ2日目。外人歌手陣の豪華な歌と演技と共に古楽テイストを巧みにモダンオケに導入しようとする意欲的な指揮者のアイデアが上手くハマり「ここは欧米か?」と思える程充実したモーツァルト演奏に。歌劇場でのコレペティ経験豊富だったという指揮者のフォルテピアノ捌きも見事!

2_640x427今回の公演会場の周辺は早朝から営業の居酒屋が何軒もあるという酒文化度が高いエリア。そのレベルを体験しようと珍しく車を置いて通勤で満員の電車で会場入り。地元人気店を昼夜2回も訪問するもお天道様高い時間から一杯やっていらっしゃる方で店は大繁盛の様子。センベロの教科書のようなお店でありました。


« フォルテピアノ入りのモーツァルトオペラまもなく! | トップページ | 尖った弓が・・・ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モダンと古楽の幸せな結合:

« フォルテピアノ入りのモーツァルトオペラまもなく! | トップページ | 尖った弓が・・・ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ