« ウィーン式フォルテピアノでショパン | トップページ | 仏蘭西の俊英Cem奏者御江戸に登場! »

2018年12月 7日 (金)

フォルテピアノ入りのモーツァルトオペラ初日

2_640x4277日、明日仏蘭西の実力派Cem・Or奏者の東京唯一のリサイタル会場にジャーマンを前日搬入。若干33歳ながら名門ハルモニアムンディからBachの鍵盤曲全集の録音が進行中と大活躍の奏者のオールBachプログラム、今から楽しみであります。ホールの方に伺うと残念ながら当日券は無しとの事。

1_640x427ランチにホール御近所の御贔屓の寿司屋を久々に訪問すると驚きの張り紙が・・・。確か前回来たのが閉店直前でしたので大将が亡くなったのは今まで知りませんでした。実に不便な場所にある年季の入った小さなお店ながら昼は行列が出来る程の繁盛店でありました。

6_640x427何しろ大振りのぶつ切りマグロがこれでもか!と言う程盛られていた刺身定食が実に素晴らしかったですね。この店に行けるというだけでご近所のホールの仕事は大歓迎だったのですが・・・。私的には全国のホール近くの隠れ名店ベスト5に数える程の御贔屓のお店だったので閉店実に残念・・・。

3_640x427夜は英国の人気指揮者フォルテピアノ弾き振りによるモーツァルトオペラ本番初日。豪華な外人歌手陣揃えたお陰で聴き応え充分。オケも「尖った弓」がリハよりも増えていた様子で古楽テイスト増したのでは。ご来場の海千山千のオペラ愛好家の皆さんも今回のハイレベルの演奏には満足されたようで終演後の熱狂振りが凄かった!次は都心の人気ホールでの公演是非お聴き逃しなく!






« ウィーン式フォルテピアノでショパン | トップページ | 仏蘭西の俊英Cem奏者御江戸に登場! »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォルテピアノ入りのモーツァルトオペラ初日:

« ウィーン式フォルテピアノでショパン | トップページ | 仏蘭西の俊英Cem奏者御江戸に登場! »