« 携帯用チェンバロ | トップページ | Taskanモデル鳴き比べ »

2018年9月 4日 (火)

第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール開幕!

483x6404日、ワルシャワで行われる第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールが遂に開幕。今日4日から世界からヴィデオ審査を勝ち抜いてきた30人による第1次予選がスタート。予選会場の様子を見ると5台のフォルテピアノが用意されているようですね(出場者はそこから弾く楽器選ぶ方式か?)。Erard、Pleyel、Bloadwoodと3台のイングリッシュ式、ショパン所有のBuchhoktz(復元楽器)、Graf(?)の2台のウィーン式の5台。Erard、Pleyelは年代が違うピアノを何台も用意しているとの事で予選でどの年代が使われたか興味津々であります。

第1次予選の結果は9月6日に、第2次予選の結果は9月10日に、そして本選の結果は9月13日に判明の予定。ご注目あれ!

2_640x427今日は出先近くの食堂でランチ。店名が「香港」ながら中華では無く和洋食ごった煮のメニュー、そして名物が「トルコライス」という実に怪しいお店(その上何故か店内はプロレスグッズで溢れかえっている?)。その「土耳古飯」ケチャップライスカレー掛けカツ乗せ(味噌汁付き)とやはり謎の組み合わせでありました(長崎や神戸とは大分違う?)。安価(650円)で量多く美味でしたけど・・・。

3_640x427店のすぐ近くではこんな電車が走行中(?) こちらも怪しい?



« 携帯用チェンバロ | トップページ | Taskanモデル鳴き比べ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール開幕!:

« 携帯用チェンバロ | トップページ | Taskanモデル鳴き比べ »