« 南国でも秋の気配 | トップページ | 誘惑のUDON王国 »

2018年9月13日 (木)

ショパンコンクール本選開催中

640x360ワルシャワで熱戦展開中の第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール、いよいよ最後の戦い、本選が開始されました。2日間で6人が演奏との事で日本の川口成彦氏は初日最後に登場。特派員の報告ではPleyel1842年製で協奏曲Op21を見事に演奏し大喝采だったとの事。2日目は大躍進のポーランド勢3人が登場予定。注目の結果発表は日本時間の明後日早朝です。

« 南国でも秋の気配 | トップページ | 誘惑のUDON王国 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール本選開催中:

« 南国でも秋の気配 | トップページ | 誘惑のUDON王国 »