梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 日本で初めてのフォルテピアノ、タンゲンテンフリューゲル | トップページ | 特殊工具使える? »

2018年7月10日 (火)

二百歳のウィーン式ピアノでシューベルトとショパンを!

640x42710日、今度7月18日に池袋のお馴染みの重要文化財の洋館で開催の「二百歳のウィーン式ピアノでシューベルトとショパンを」という公演のリハーサル。プレイエルやエラールという仏蘭西製がショパンに最適なピアノと思われがちですが若かりし頃に愛用していたウィーン式ピアノとの相性も中々素敵であります。今年九月ワルシャワで行われる第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールでもウィーン式フォルテピアノは公式ピアノに採用されていますね。どんな音色のショパン演奏になるかは聴いてのお楽しみであります。乞うご期待!

« 日本で初めてのフォルテピアノ、タンゲンテンフリューゲル | トップページ | 特殊工具使える? »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/73835941

この記事へのトラックバック一覧です: 二百歳のウィーン式ピアノでシューベルトとショパンを!:

« 日本で初めてのフォルテピアノ、タンゲンテンフリューゲル | トップページ | 特殊工具使える? »