« 梅雨なのに拍子抜け | トップページ | シュタインvsルイ・デュルケン »

2018年6月17日 (日)

日本で最初にラジオでチェンバロ伴奏で歌った邦人歌手

2_640x45317日、季節跨ぎで少し御機嫌斜めというチェンバロの調整の為御江戸湾岸エリアに出動。堅牢が売りのT社のスピネットも結構環境変化の影響受けるものですね。シーサイドの道路に車を停めると不思議に雀が沢山集まり皆こちらを注視。人工島なので天然の餌を探すより人に食事くれ!とタカル方が早いのでしょうね。

4_640x427帰り道誘惑の街(笑)神保町を通るも思わず馴染みの古レコード屋を冷やかしに途中下車。最近資料発掘した「日本で最初にラジオでチェンバロ伴奏で歌った邦人歌手」のレコード(残念ながらチェンバロは入っておらず)を写真付きで見つけ早速購入。今度蓄音器を掛けながら解説するレクチャーイベント(8月10日池袋の洋館)でその歌声披露しますぞ。乞うご期待!




« 梅雨なのに拍子抜け | トップページ | シュタインvsルイ・デュルケン »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本で最初にラジオでチェンバロ伴奏で歌った邦人歌手:

« 梅雨なのに拍子抜け | トップページ | シュタインvsルイ・デュルケン »