« まだ作州徘徊中 | トップページ | 梅雨入り間近? »

2018年5月29日 (火)

仏蘭西の銘器

640x42729日、1929年製の仏蘭西の銘器Erardの御機嫌伺いへ。御歳九十才近い高齢のピアノながら丁寧な修復のお陰で日本の厳しい環境変化の中でも御機嫌麗しく調律ピッチも殆ど変化無しで調律師大助かり。現代の工業生産品ピアノでは絶対出せない艶っぽい音色は正に仏蘭西ピアノ黄金時代の真骨頂であります。

« まだ作州徘徊中 | トップページ | 梅雨入り間近? »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏蘭西の銘器:

« まだ作州徘徊中 | トップページ | 梅雨入り間近? »