« 南国土佐でBach | トップページ | 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール記者会見 »

2018年3月12日 (月)

讃岐モーニング

1_640x42712日、前日南国土佐での公演を終え夜明け前から楽器満載で東へ移動。折角四国に来たのならと朝飯は途中下車し讃岐うどん!今まで足を踏み入れた事が無い讃岐うどん西限エリアの有名店(海沿いの素敵なロケーションでしたが)を訪問するも臨時休業の札に愕然(今回のツァーの余りの飽食への天からの戒めだったのかも)。しかし諦める訳にもいかず車で50km爆走し高松の超人気店へ突入!ここの釜玉バターはうどんながらまるでカルボナーラを彷彿させる絶品の味で私の中では讃岐うどんNo.1!何度食べても感動する逸品であります(たった490円というのも素晴らしい!)

3_640x427讃岐のハイレベルの饂飩を食べだすと止まらず別の超人気店へはしご。こちらのシンプルなぶっかけ(200円!)がまた絶品。モチモチの絶妙な歯応えの饂飩と深みある出汁の組み合わせが最高。名物の天婦羅も頂くもゲソかき揚げと思ったのが噛むと甘いのにビックリ(金時豆?) いや讃岐饂飩文化は奥が深い! 朝飯を堪能し海を渡り西のスタジオへ帰還。関西で現代ピアノの御機嫌伺いをしてからさらに東に移動、深夜約2週間振りに帰京。


« 南国土佐でBach | トップページ | 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール記者会見 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 讃岐モーニング:

« 南国土佐でBach | トップページ | 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール記者会見 »