« 同じ2段ながら身長差60cm・・・ | トップページ | 来春Cem界最後の大物来日 »

2017年12月25日 (月)

フォルテピアノによるショパンリサイタル

1_640x48025日、正月明け早々、1月6日に池袋のお馴染みの重要文化財の洋館で開催のフォルテピアノによるショパンリサイタル

 プログラムが決定いたしました。ショパンといえばPleyelやErardという仏蘭西系ピアノをすぐに連想してしまいますがパリに来る前はウィーンのピアノを弾いていました。今回は1820年製のオリジナルウィーン式フォルテピアノを使ってのいつもとは一味違うショパンを聴いて頂きます。

5_448x336また今回、長年素晴らしい雰囲気と古楽器に最適の音響を誇る空間として多くのコンサートを開催していた会場が3年近くの耐震工事による閉鎖を経て再開後初めてフォルテピアノの公演を開催いたします。普通のホールでは味わえない洋館特有の艶の有る魅力的なフォルテピアノの音色を是非お聴きください。

3_480x640川口成彦 フォルテピアノコンサート

~ ウィーン式フォルテピアノで聴くショパンの知られざる魅力 ~

歴史的鍵盤楽器の若きスペシャリストが開拓する新たなショパンの世界

  1820年製のオリジナルフォルテピアノJohann Georg Gröber (Insbruck 1820)使用

出演  川口成彦(フォルテピアノ)  演奏家HP
2018年1月6日(土)  18時半開場 19時開演

会場   自由学園明日館 講堂 (重要文化財)  

豊島区西池袋2-31-3  明日館アクセス

料金    3000円 当日清算

主催    目白古楽ネットワーク

申し込み お問合せ umeoka-gakki@nifty.com 梅岡

(曲目)  

コントルダンス

4つのマズルカ op. 24

夜想曲 第2番 op.9-2

2つのポロネーズ op. 26

ポロネーズ op. 71-2

清らかな女神よ (ベッリーニの『ノルマ』より)
練習曲集 op. 25 より I, V, X

葬送行進曲 (「ピアノソナタ第2番」op. 35 より)

 詳しくはこちらをご覧ください コンサート公式HP




« 同じ2段ながら身長差60cm・・・ | トップページ | 来春Cem界最後の大物来日 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォルテピアノによるショパンリサイタル:

« 同じ2段ながら身長差60cm・・・ | トップページ | 来春Cem界最後の大物来日 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ