梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 音楽サロンをはしご | トップページ | 仕込みの1日 »

2017年10月 7日 (土)

久々の洋館フォルテピアノコンサート

287日、私の自主企画の主戦場と言える池袋の重要文化財の洋館、メイン会場であった講堂が2年半に渡る大規模補修工事による休館を経てこの秋にやっと復活。その講堂での久々の自主企画は11月16日フォルテピアノによるシューベルトプログラム 。シューベルト時代のオリジナルのフォルテピアノ(1820年製)が登場予定。

17 補修工事により内壁の漆喰が一新され音響がどのように変わったのか興味深々(構造は重要文化財なので補強以外全く変わっていないとの事)。先日の工事終了式典で少しチェロ演奏を聴いた限りでは漆喰の表面が新しく平らになった為か音が幾分クリアーになったような気がしましたが・・・。果たしてフォルテピアノがどう聴こえるか楽しみであります。(今回は2階席下のスペースで演奏予定)
4_640x427実は新しくなった講堂で隠れた注目物件あり。それは壁の奥に長年封印されていた建築当初のトイレ!今回の解体工事で数十年振りに再発見されたという曰く付きの遺跡(?)はよく見るとこれまた謎多き構造になっており見物であります。

« 音楽サロンをはしご | トップページ | 仕込みの1日 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/71909234

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の洋館フォルテピアノコンサート:

« 音楽サロンをはしご | トップページ | 仕込みの1日 »