« タフな亜米利加製チェンバロ | トップページ | 自然断弦 »

2017年2月19日 (日)

フォルテピアノと蓄音器

Nhk_4_640x458_319日、某所でのラジオ収録を兼ねてのレクチャーに今日は珍しく楽器では無く蓄音器を携え出動。演奏家のジルバーマンとワルターのフォルテピアノ2台も登場しバッハ一族についてのレクチャーながら豪華かつ不思議な組み合わせ。蓄音器では約80年前のクラヴィコード(コピー楽器)とオリジナルチェンバロでの平均律のレコード、そしてかのランドフスカ女史のゴールドベルグ変奏曲のレコードを演奏。今回の収録はラジオでも公開されるそうなので是非お聴きください。

« タフな亜米利加製チェンバロ | トップページ | 自然断弦 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォルテピアノと蓄音器:

« タフな亜米利加製チェンバロ | トップページ | 自然断弦 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ