梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« ちゃぶ台に座って聴くチェンバロ | トップページ | モダン尽くし »

2016年9月 1日 (木)

18世紀オリジナルオルガンを聴く!

3_640x5101日、今日は来月10月16日(日)につくばのバッハの森で開催されるオリジナルオルガンによるレクチャーコンサートをご案内いたします。

今回のレクチャーコンサートの主役は、最近イタリアで発見され苦労の末に奇跡的に日本に運ばれたという18世紀イタリアのトスカナ地方で作られたオリジナルのオルガン(1段鍵盤+プルダウンの足鍵盤 6ストップ)です。

5_595x640今回はこの約300年の年月を経たという歴史的なパイプオルガンを解説と演奏を交えてご紹介していきます。出演は宮本とも子(オルガン) 望月裕央(カウンターテナー)。 また今回は18世紀のオルガン演奏のスタイルを忠実に再現するため、バロック時代同様に手ふいごによって風を送り演奏いたします。現代のオルガンに装着されている電気モーターによる画一化された送風では無く、演奏に合わせて人力で風を送る「人の声のように揺らぐオルガンの音色」を是非体験してください。

8_480x640バロック時代のオルガンが果たしてどんな音色で鳴るのかを至近距離で味わって頂ける貴重な機会となります。限定30名での開催ですのでご予約はお早目に!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「手ふいごで奏でる18世紀イタリアンオルガンの神秘なる響き!」
~ 木のぬくもりに響く300年の年月を経たオリジナルオルガンの音色 ~
2016年10月16日(日) 14時開演 (13時半開場)
 会場  つくば バッハの森  (茨城県つくば市東光台2-7-9)  http://www.bach.or.jp/
 
 駐車場有り(数限定 要予約) 交通アクセスは公式HPをご覧ください
前売  2500円   当日 3000円    限定 30名
 主催  バッハの森  
 共催  日本クラヴィア協会
 お問合せお申込み  梅岡  umeoka-gakki@nifty.com
出演  宮本とも子(オルガン) 望月裕央(カウンターテノール)
曲目

 Ms.B.226,8 ピストイア18世紀 作曲者不詳 

   Messa in Quinto Tuono より 第5旋法のミサ曲より 

  ・奉献の為のトッカータとフーガ Per l’Offertorio Toccata, Fuga

      ・聖体奉挙           Elevazione

 聖体拝領後 Post Communio

 Girolamo Frescobaldi (1583-1643) ジロラモ・フレスコバルディ

Toccat Quinta (トッカータ第2巻より)トッカータ第5旋法

Capricccio III Sopra Il Cucco 「カッコー」のカプリチオ

Toccata per l’Organo col contrabasso overo Pedale 低音ペダル付きトッカータ

 Christian Erbach (1570-1635) クリスチアン・エアバッハ

 Magnificat primi toni 第1旋法のマグニフィカト (歌唱とオルガンの交唱)

 Alessandro Grandi ( ca.1575-1630) アレッサンドロ・グランディ 

 

 Cantabo Domino 主に向かって歌え (カウンターテノール と オルガン)

 Tarquinio Merula (1594/95-1665) タルクィニオ・メールルラ

 Intonazione cromatica del nono tono 第9旋法のイントネーション

 Jakob Hassler (1569-ca.1622) ジェイコブ・ハスラー

 Fantasia noni toni 第9旋法のファンタジア

« ちゃぶ台に座って聴くチェンバロ | トップページ | モダン尽くし »

パイプオルガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/67290015

この記事へのトラックバック一覧です: 18世紀オリジナルオルガンを聴く!:

« ちゃぶ台に座って聴くチェンバロ | トップページ | モダン尽くし »