梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 鰻と現代アート | トップページ | 気が付けば異常乾燥・・・ »

2016年9月15日 (木)

ピアノ黄金期の音色

480x64015日、西で某学校の約70年前の国産Y社のグランドピアノの調律へ。長年の酷使でかなり草臥れていたものの数年前に中身を全面リフレッシュし蘇ったお陰で実に艶の有る素晴らしい音色で鳴ってます。やはり最近の工業生産品的ピアノよりも古き時代の職人技で作られていたピアノの方が心に響く音色で鳴ってましたね。

そのピアノ製造黄金期の音色は果たしてどんなものだったのか?を検証する蓄音器コンサートが9月21日池袋の洋館で開催いたします。20世紀前半の有名メーカー11社のピアノの音色を巨匠の名演で聴き比べます。スタインウェイ独占では無く多くのメーカーが競合していた「熱き時代」のピアノの音色是非お聴きください。

詳しくはこちらをご覧ください。または公式HPはこちら

1_640x480久々に西のスタジオへ向かう前にご近所の魚卸売市場のご近所の小料理屋で海鮮丼でランチ。新鮮なネタが盛り沢山で650円(!)、その上行列出来る程でも無くすぐ座れるので嬉しい限り(御江戸なら大行列でしょうね)。西のスタジオは9月に入り徐々に加湿器フル回転しなくても良い状態になってきましたね。

2_640x480まだ残暑を感じますが確実に秋は近づいてきてますね。秋の便りを道端で発見。





« 鰻と現代アート | トップページ | 気が付けば異常乾燥・・・ »

モダンピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/67506222

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ黄金期の音色:

« 鰻と現代アート | トップページ | 気が付けば異常乾燥・・・ »