梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 巨大チェンバロに四苦八苦 | トップページ | 20世紀古楽復興運動の生き証人 »

2016年8月 2日 (火)

浜松でオリジナル楽器に浸る1日

22_640x4802日、今回は8月6日浜松楽器博物館で開催のイベントのご紹介です。
 
浜松楽器博物館が所有する鍵盤楽器コレクションが存分に堪能出来るイベントを多数ご用意いたしました。日本では数少ないオリジナルの鍵盤楽器に接する事が出来る貴重な機会ですので是非ご参加ください(まだ参加可能です) 博物館はJR浜松駅の近くですので足の便も便利です。新幹線を利用しますと東京から1時間半、夜のコンサート終了後も余裕で帰京出来るようです。また東京から車で往復される方もおられまして同乗も出来そうですのでご希望の方は梅岡までご連絡ください。
8月6日(土)
浜松楽器博物館 http://www.gakkihaku.jp/
 
開館時間内に館内で開催のイベント
イベント 1)
 オリジナルクラヴィコード レクチャー (演奏とお話 宮本とも子)
   13時半 14時半 15時半 の3回開催 (各20分)
              (入館料のみで参加可能)
  ★ 日本で数少ないオリジナルのクラヴィコード(Pehr Lindholm (Stokholm 1780)
                の魅惑の音色を演奏とお話しで紹介します
イベント 2)
 古典鍵盤楽器ガイド (演奏 岩淵恵美子 楽器解説 佐藤裕一)(各20分)
       展示楽器を演奏と解説でご紹介します (楽器は都合により変更の可能性あり)
             (入館料のみで参加可能)
   14時 テーマ「チェンバロからクリストフォリへ」 

   使用楽器: カークマン2段  (1750 London)   FF – f3 (61key)  8+8+4f Buff

             キーン・スピネット (18c初頭 London) GG/HH – d3(53key) 

             クリストフォリ (18c初頭の楽器の復元 日本)GG – c3 (54key) 

  15時 テーマ「フォルテピアノ ウィーンとロンドン」 

   使用楽器: ワルター (1808~10 Wien) FF – f4 (73key)

             グラーフ (1819~20? Wien)  CC – g4 (80key)
             ブロードウッド (1800~08 London) FF – c4 (68key)   

  16時 テーマ「スクエアピアノとパリ」 

   使用楽器 : ラウド・スクエアピアノ (1805?  London)  FF – c4 (68key)

             プレイエル (1830? Paris)  CC – f4 (78key)
夜の特別イベント
イベント 3

クラヴィア協会会員特別見学会 (参加費無料)

 17時から約1時間弱 展示の鍵盤楽器を見学

 日本クラヴィア協会会員のために特別に開催の展示楽器の見学会です。

  日頃じっくり見れない楽器を専門家の演奏と解説付きで見学して頂きます。

  (交代で試奏体験も実施の予定)

  オリジナル楽器の音色を体験出来る貴重な機会です。

     博物館入口に17時に集合 事前予約が必要 申し込みは梅岡まで

     梅岡 umeoka-gakki@nifty.com 

 

イベント 4

クラヴィコード スペシャルミュージアムサロン (有料)

 オリジナルクラヴィコード(Pehr Lindholm (Stokholm 1780)を使ってのレクチャーコンサート

   演奏とお話し 宮本とも子  お話 高橋靖志

  18時 開場 18時半 開演 終演予定 19時45分

 詳しくは http://www.gakkihaku.jp/ のイベント欄をご覧ください。

 

お問合せ、お申込みは 梅岡 umeoka-gakki@nifty.com まで 

最後に登場楽器の写真をどうぞ

11_640x480初期イタリアンチェンバロ(Francesco Marchioni  1646 Firenze)は昼のレクチャーに登場の予定。17世紀のチェンバロの音色が日本で聴けるのは本当に貴重であります。

.

.

.

.

14_640x480こちらは英国の名工カークマン作の2段チェンバロ。20世紀初頭に古楽復興の始祖たるアーノルド・ドルメッチが修復したという楽器でもあります(鍵盤の色が違うのは多分修復の際の仕業でしょう)。現在はオリジナル仕様に沿ったメカニックになっているとか。

.

.

12_640x480こちらはモーツァルトからベートーヴェン時代のウィーンの代表的なピアノ工房ワルターのフォルテピアノ (1808~10 Wien) FF – f4  (73key)。もう6オクターブに音域が広がった工房の後期の作品であります。

10_640x480こちらもウィーンを代表するメーカーであるグラーフのフォルテピアノ(1819~20? Wien)  CC – g4  (80key)(ただし伝グラーフとの事)。鍵盤の豪華な仕上げ具合は見物であります。

23_640x480最後にこの日の主役であるクラヴィコード(Pehr  Lindholm (Stokholm 1780)。豪快な鳴りっぷりと反応良いタッチが見事な楽器です。20世紀における修復の素晴らしさを垣間見れる貴重な歴史的証言者でもあります。

乞うご期待!

 

« 巨大チェンバロに四苦八苦 | トップページ | 20世紀古楽復興運動の生き証人 »

クラヴィコード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/66803871

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松でオリジナル楽器に浸る1日:

« 巨大チェンバロに四苦八苦 | トップページ | 20世紀古楽復興運動の生き証人 »