梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 流石! | トップページ | 工房渡り歩き »

2016年6月14日 (火)

維納式と英国式

16_1024x76814日、某フォルテピアノコレクションを訪問し秘蔵の19世紀ピアノの銘器達をじっくり拝見(拝観?)。今回は特にお願いして3台の歴史的銘器を調律させて頂く事が出来勉強になりました。やはり貴重なオリジナル楽器を海外に行かず日本で触る事が出来るのは本当に有り難い!

30_1024x768今回特に1851年製の維納式と英国式という当時ライバル関係だった2種類の有名メーカーのオリジナルピアノを並べて弾きくらべるという贅沢な体験が出来たのが大収穫。19世紀前半の全盛期を過ぎ衰退の気配を見せる維納式と、この時代欧州全土で主流となりつつある英国式という19世紀半ばにおける劇的なピアノの変遷を実物に触れて垣間見れた次第。

« 流石! | トップページ | 工房渡り歩き »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/66021724

この記事へのトラックバック一覧です: 維納式と英国式:

« 流石! | トップページ | 工房渡り歩き »