梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 維納式と英国式 | トップページ | 洋館で味わうオリジナル楽器 »

2016年6月15日 (水)

工房渡り歩き

1_1024x76815日、今日はチェンバロ工房渡り歩きの1日。まずはクラヴィコードをメインにチェンバロからオルガンまで扱う八王子の工房を訪問。相変わらず独創的な作風の楽器陣の存在感は凄いですね。部屋を全く密閉せず外気と同じ環境で製作されているのも実にユニーク。

2_1024x728次は新座の工房へ。このノコギリの看板は昔の工房からお馴染みのものですね。楽器製作から装飾専門スタッフまで揃える今や日本最大規模の工房となり相変わらずフル回転のご様子。

3_1024x768こちらは製作工房ではなく某演奏家のスタジオ。名工のイタリアンとジャーマンがそろい踏み。私が知る限り演奏家のスタジオの中でここが一番搬入が楽ですね(段差無し!)。防音も完璧というのが素晴らしい。

4_1024x768工房訪問最後は製作家が楽器担いで向こうからやってきた・・・。小型クラヴィコードをキーボード用ショルダーバッグに入れてウチのスタジオに来訪。ちょうどもう1台ドッグ入りしていたので珍しく日米のショートオクターブの初期クラヴィコード2台が勢揃いとなった次第。

9_640x480おまけです。ネットオークションで落札したちょっと変わった物がやっと到着。不思議なチェンバロ入りの絵、正体お判りになる方いるかしら・・・。









« 維納式と英国式 | トップページ | 洋館で味わうオリジナル楽器 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/66039209

この記事へのトラックバック一覧です: 工房渡り歩き:

« 維納式と英国式 | トップページ | 洋館で味わうオリジナル楽器 »