梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« オリジナル楽器に触れる! | トップページ | 駅前の老舗ホール »

2016年5月26日 (木)

ウィーンの銘器を拝見

Photo26日、まずはスタジオにドッグ入り中のチェンバロの御機嫌伺い。堅牢さを誇るH工房の楽器30年経ってもメカニック今だに安定しているのは流石!午後には欧州在住のFp演奏家がスタジオ来訪、最新の現地情報を伺う事が出来収穫多し。最後はご近所のさる演奏家のスタジオを訪問し素晴らしいピアノコレクションを拝見。その中に中々良い状態の19世紀半ばのウィーンのフォルテピアノの銘器があるのには仰天・・・、四半世紀前に早くも日本に持ち込まれていたとの事。どこに御宝が隠れているのか判らないものです。

« オリジナル楽器に触れる! | トップページ | 駅前の老舗ホール »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/65690817

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンの銘器を拝見:

« オリジナル楽器に触れる! | トップページ | 駅前の老舗ホール »