梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« オリジナルクラヴィコードの製作家が判明! | トップページ | 贅沢なホール »

2016年5月20日 (金)

優れたスタジオ

420日、某演奏家のスタジオよりフレンチ2段のチェンバロを引き取りドッグ入り。お伺いした先は普通の一軒家ながらほぼ1人で楽器出し入れ出来る中々優れたスタジオでありました(ご本人も私が1人で運び出す姿見て感心されておられましたが)。スタジオにもう1台あった仏蘭西製のZell2段も拝見、堂々の鳴りっぷりの楽器でありました(最近余り作られなくなったZellモデル、実は中々の銘器だと思うのですが・・・)。

1訪問先近くには御江戸では数少ない本格的な長崎チャンポンのお店あるとの事で久々に訪問(実は私は隠れチャンポンマニアでもあるのですよ)。うず高く積み上がる具の野菜と麺の量に圧倒されるも味はそれ程しつこくは無く最後まで何とか完食。




« オリジナルクラヴィコードの製作家が判明! | トップページ | 贅沢なホール »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/65587514

この記事へのトラックバック一覧です: 優れたスタジオ:

« オリジナルクラヴィコードの製作家が判明! | トップページ | 贅沢なホール »