梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 1820年製のオリジナルフォルテピアノが聴ける! | トップページ | 反響板は金屏風 »

2016年3月17日 (木)

再びマタイ

1117日、明治時代の校舎やチャペルが現存するという某大学でのリハーサルにオルガンとチェンバロ2台携え出動。校内に和装コスプレのお嬢さんが溢れていると思ったら今日は卒業式でした。しかし昔から卒業式はこれ程皆さん揃って袴姿でしたっけ・・・?。

8今日はまたもやマタイ公演のリハーサル。先日の合唱もオケも最少人数という過激な編成のベルギー勢とは違い今回の日本勢は合唱だけで約百人という大編成(オケは比較的コンパクトな古楽器勢ですが)。

2今回も英国から参加の重鎮の福音史家の歌唱やはり素晴らしい!本番はこちら。リハの合間に校内の資料館を訪問し日本古楽史の調査。今日は20世紀前半のコンサート資料を閲覧したのですが、日本で最初のオルガン付きコンサートホールのプログラムや、日本で最初のチェンバロ入りコンサートのプログラムなど初めて拝見する重要資料を次々発掘する事が出来大興奮。実は多分日本でもトップクラスの充実したコレクションを所有する施設かも・・・。



« 1820年製のオリジナルフォルテピアノが聴ける! | トップページ | 反響板は金屏風 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/64505080

この記事へのトラックバック一覧です: 再びマタイ:

« 1820年製のオリジナルフォルテピアノが聴ける! | トップページ | 反響板は金屏風 »