梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 初期フレンチまもなく登場 | トップページ | 湿度高し・・・ »

2016年1月 5日 (火)

昭和初期の雑誌を紐解けば

Photo5日、まもなく開催の蓄音器コンサートのため長年掛けて蒐集した膨大な量の昭和初期の音楽雑誌などを奥から引っ張り出してネタ探しの1日。実はまだすべての資料を隅々まで解読した訳では無く取りこぼしが多かったので今日も沢山の新発見が有り大興奮。昭和初期の日本人のチェンバロ界の女神たるランドフスカへの陶酔振りが物凄いのですが(特集記事の多さたるやトップクラスですね)、意外にもクラヴィコードのドルメッチ翁の話題が多いのにはビックリ。当時チェンバロと同等にクラヴィコードの存在が結構広く認識されていたという証拠でしょうか。また各雑誌にランドフスカの人気振りを示すように彼女のポートレイトが沢山掲載されているのですが、愛用のプレイエルのモダンチェンバロでは無くオリジナルのチェンバロ(17世紀イタリアン?)を弾く姿が多く使われていましたね。その他多くの興味深いネタを拾う事が出来収穫多い1日でありました。

« 初期フレンチまもなく登場 | トップページ | 湿度高し・・・ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/63324513

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和初期の雑誌を紐解けば:

« 初期フレンチまもなく登場 | トップページ | 湿度高し・・・ »