梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 独逸からチェンバロ到着 | トップページ | 日本人が最初に購入したチェンバロ »

2016年1月28日 (木)

調律に拘る

228日、昨日に続き独逸の名工のチェンバロがお相手、今日は2月2日に開催の17世紀作品を2台の楽器で演奏するというチェンバロリサイタルで登場予定のイタリアンの御機嫌伺い。スイスからやって来るこの演奏家は毎度調律にも拘る方で今回も中々ユニークな響きの調律法をオーダーしてきてますのでお楽しみに。調律に拘るといえば2月中旬にお相手する伊太利オルガン界の重鎮のこの方も拘りが凄いですね。今回も全くオリジナルの興味深い調律法をオーダーしてきてますのでこちらも聴いてのお楽しみであります。(チェンバロとポジティフオルガンでこれまた違う調律なようです)

3昼は都心移動中に某ホール近くで評判の洋食屋でランチ。どうもカレーが一番人気のお店らしく定食の御飯にカレーのトッピングがお勧めとの事で早速注文。庶民的な盛り合わせながら揚げ物もカレーも中々ハイレベル、これでまたホールに行く楽しみが増えましたね。

6午後は昨日独逸から受け取ったばかりのチェンバロを早速お届けへ。マンション5階階段上げを覚悟して行くも幸い結構長いチェンバロが楽々入る大きなエレベーターが備わっており苦労せずお届け完了。中々年季の入ったチェンバロながら約半世紀もの間タップリと音が染み込んだ響板の鳴りっぷりは流石でありました。

« 独逸からチェンバロ到着 | トップページ | 日本人が最初に購入したチェンバロ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/63685074

この記事へのトラックバック一覧です: 調律に拘る:

« 独逸からチェンバロ到着 | トップページ | 日本人が最初に購入したチェンバロ »