梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 日本で最初にチェンバロを購入した男? | トップページ | 19世紀の洋館でBach »

2015年11月 7日 (土)

歴史的洋館でリハ

77日、まずは西のスタジオにドッグ入り中のフレンチ2段の調整から。長期間弾かれていなかったとの事で楽器はまるで冬眠状態ながら各部を色々調整して刺激を加えて行くと徐々に音色が目覚めてくるのが判りこれまた楽しい一時であります。

8午後からリハーサルに参加のため神戸の街外れ(?)の会場へ。楽器搬入前に御近所で噂の路地奥の讃岐饂飩のお店を初訪問。週末という事もあり御近所の勤め人の姿も少なくランチタイムながらすぐに座れたのはラッキー(東京では行列必至でしょうね)。プリプリと歯応え有る腰強麺が素晴らしい!

10今日は明日本番という地元老舗グループのBach公演の前日リハ。会場は2年振りとなる百年以上経つ元銀行跡という歴史的洋館。チェンバロとオルガンの二台を提供するもいつもはオケの分厚い音にかき消され気味の二台どちらも音が後ろまでよく通りアリガタシ。やはり歴史的洋館で聴く古楽器の音色は極上ですね。

« 日本で最初にチェンバロを購入した男? | トップページ | 19世紀の洋館でBach »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/62409165

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的洋館でリハ:

« 日本で最初にチェンバロを購入した男? | トップページ | 19世紀の洋館でBach »