梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 再び鍵盤楽器3台 | トップページ | 百年前の仏蘭西ピアノ »

2015年11月 1日 (日)

芳醇な残り香

21日、2つのツァーが終了しお勤め終えたイタリアンチェンバロ2台を持って西のスタジオへ帰還。早速楽器を広げ内部チェック、伊国の若手♀奏者(マルコン氏お勧めだけあって中々達者な演奏でしたね)とベルギー&日本の実力派コンビに存分に弾き込まれた2台のイタリアンどちらも芳醇で豪快な鳴りで超御機嫌良し、その残り香を味わえるのが調律師の役得ですね。2台共ピッチ調律法とも変更するも1台は何とも原始的な(?)鍵盤移動の方式で中々面倒・・・(この楽器が作られた約60年前にはまだ鍵盤移動の発想が無かったのでしょうね)。

42台のイタリアンの後始末を終え次は出番待ちの1段ジャーマンのチェックへ。日頃余り出番無いベンチウォーマー的な楽器陣が最近一斉に出動しておりますね。この1段ももっと使ってやらなくては・・・。


« 再び鍵盤楽器3台 | トップページ | 百年前の仏蘭西ピアノ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/62317072

この記事へのトラックバック一覧です: 芳醇な残り香:

« 再び鍵盤楽器3台 | トップページ | 百年前の仏蘭西ピアノ »