« オリジナルパイプオルガン | トップページ | 梅雨明け »

2015年7月18日 (土)

ナポレオンの時代のピアノ音楽

218日、アムス在住のFP奏者が明後日の公演のリハのため久々にスタジオ来訪。今回の公演は「ナポレオンの時代のピアノ音楽」というちょっとユニークなプログラム、そう言えば今年はかのワーテルローの戦いから二百周年のメモリヤルイヤーだそうです。かのHaydnやBeethoven,Schubertの勇ましい作品を二百歳近いウィーンメカニックの老ピアノ(Johann Georg Gröber (Insbruck 1820))で披露の予定。重要文化財の洋館で味わうオリジナルフォルテピアノの音色是非お聴き逃し無く!(もうチケット完売間近、最後の2枚残っているそうです)

« オリジナルパイプオルガン | トップページ | 梅雨明け »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナポレオンの時代のピアノ音楽:

« オリジナルパイプオルガン | トップページ | 梅雨明け »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ