梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 洋館で味わう2台のクラヴィコード | トップページ | クラヴィコードとチェンバロと現代ピアノ »

2015年6月11日 (木)

雨季に入りチェンバロの御機嫌伺い

211日、久々に深夜移動で西のスタジオに楽器搬入。こちらには約1カ月振りながらエアコン除湿器フル回転のお陰で楽器保管部屋の環境は良好で一安心。

4前の池は桜、紫陽花に続いてこの時期は蓮の花が見頃でありました。雨中のウシガエルの鳴き声中々梅雨の雰囲気出してましたね。

1昼はご近所で評判ながらまだ未訪問だった本寸法の蕎麦屋へ。打ち立ての蕎麦に拘る店主の蕎麦打ち中々本格的、しかし店主渾身の作の超細麺の蕎麦は食感が何故かソーメンのようで美味しいものの高級感というより庶民的な食べ物のように感じてしまうのが残念・・・。

6折角スタジオに来たならと恒例のスタジオご近所の神泉の湧き水を汲んで持ち帰り。やはり料理は水の味で出来随分違いますね。神戸の水道水は「六甲のオイシイ水」では無く「琵琶湖の最下流の下水並み」なので・・・。

7午後は五月の異常乾燥(今年も結構厳しかったですね)で御機嫌斜めになってしまったという独逸製1段チェンバロの御機嫌伺い。湿度変化激しい中で数本の断弦だけで収まっていたのは有る意味奇跡だったかも。独逸製相変わらずタフであります。







« 洋館で味わう2台のクラヴィコード | トップページ | クラヴィコードとチェンバロと現代ピアノ »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/60345925

この記事へのトラックバック一覧です: 雨季に入りチェンバロの御機嫌伺い:

« 洋館で味わう2台のクラヴィコード | トップページ | クラヴィコードとチェンバロと現代ピアノ »