梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 風琴 | トップページ | 雨季に入りチェンバロの御機嫌伺い »

2015年6月10日 (水)

洋館で味わう2台のクラヴィコード

110日、午前中から湿気の中楽器数台運搬でへばり気味、それではと昼は赤羽の超有名居酒屋(実は鰻屋でもあるのですが)で鰻丼でランチ。周囲の皆さん昼間から御機嫌で呑んでおられる中酒無しで食事というのも有る意味拷問でありました。しかしここの鰻今や御江戸有数のCP高さですね。奈良漬が付いてくるのも素晴らしい!

8今日は洋館でのクラヴィコード講習会の第2回目。いつもの亜米利加製の大型ブントフライに加えて墺太利製の小型ゲブンデンの楽器も登場。ほぼ同じ時代のモデルながらそのキャラクターの違いがはっきり判り興味深し。しかしこの洋館の響きの中でこそ味わえる違いかもしれませんが。



« 風琴 | トップページ | 雨季に入りチェンバロの御機嫌伺い »

クラヴィコード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/60326887

この記事へのトラックバック一覧です: 洋館で味わう2台のクラヴィコード:

« 風琴 | トップページ | 雨季に入りチェンバロの御機嫌伺い »