梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 洋館でフォルテピアノ | トップページ | 国宝並みの扱い? »

2014年11月21日 (金)

モーツァルト愛用のヴァイオリンが聴ける!

121日、最近独逸から日本に拠点を移されたというCem奏者がスタジオ初来訪。今度11月29日大田区でのコンサートにウチのフレンチが登板の予定(コンサート情報のHP判らず残念)。独逸の楽器事情など伺う事が出来有り難し。

12実は明日から日比谷で大々的なモーツァルト展がスタートの予定。今回の話題はナント言ってもモーツァルト愛用のヴァイオリンが初来日、期間中毎日その貴重な楽器を使っての無料コンサートが開催の予定、同時開催のモーツァルト関連のコレクション展も無料との事。今回私は伴奏のフォルテピアノ提供で参加。今は多分ザルツブルグで展示されているだけのヴァイオリンなので力強い音は出ないものの中々滋味溢れる美しい音色は聴きモノです。会場の石造りの天井高い空間の響きも普通のホールには無い古楽器向きの音響であります。ちなみに会場のビルは終戦後かのマッカーサーが陣取ったというこれまた歴史的なビルですね。モーツァルト好きには堪らないイベントですぞ!

« 洋館でフォルテピアノ | トップページ | 国宝並みの扱い? »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/58053768

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト愛用のヴァイオリンが聴ける!:

« 洋館でフォルテピアノ | トップページ | 国宝並みの扱い? »