« モーツァルト愛用のヴァイオリンが聴ける! | トップページ | 大安吉日 »

2014年11月22日 (土)

国宝並みの扱い?

322日、今日からいよいよモーツァルト展が開幕。やはりモーツァルト愛用のヴァイオリン初来日との事で初日から沢山の方がお越しの様子。流石国宝級の楽器が舞台に登場というだけあってコンサート会場も先日の各国王室列席の公演に負けない位の厳重な警備体制、何しろフォルテピアノの周辺に終日何人ものガードマンが立つという物々しさであります(モーツァルトヴァイオリンと同等の扱い?)。コンサートは初日から大盛況、石造りの大空間で聴くオールドヴァイオリンとフォルテピアノの演奏はまた格別であります。終演後の公認楽器撮影大会も凄い人気でしたね、28日まで毎日無料コンサート開催の予定。

« モーツァルト愛用のヴァイオリンが聴ける! | トップページ | 大安吉日 »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝並みの扱い?:

« モーツァルト愛用のヴァイオリンが聴ける! | トップページ | 大安吉日 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ