梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« ハマで19世紀楽器の共演 | トップページ | 秋の気配 »

2014年9月15日 (月)

蓄音器コンサート復活!

215日、池袋の洋館で行っていた蓄音器コンサート久々に復活する事になりました!実は色々なトラブルを抱えていた我が英国製大型ラッパ蓄音器、丁寧な修復作業を経て見事に復活し見違えるような豪快な音に大変身しました(以前でも迫力ある音だったと思われたでしょうが全然違うのですよ・・・)。生まれ変わったオリジナルのEMG蓄音器の本領を是非お聴き頂きください!また今回解説にあの(!)有田正広氏が参加。フルート界の大御所も今や(?)蓄音器愛好家であり(素晴らしい銘器お持ちなのですよ)熱狂的なSPレコードコレクターでもあります。演奏家ならではの往年の名演解説是非ご期待ください!

2_2今回披露するSP盤の目玉のひとつがこれ!最近さるルートで苦労の末入手出来た戦前の日本で発売されていたというオリジナルチェンバロを使った録音盤を初披露の予定。今から80年前に早くも日本でオリジナルチェンバロの音色が聴かれていたとは驚きであります。「Watters1737」という楽器の正体は一体何か?その楽器は今はどこにあるのか?などこの楽器の謎を解き明かしてみせましょう。10月9日(木)19時開演、池袋明日館本館Room1925で開催の予定。詳しくはこちらをご覧ください。このイベントの収入から東日本大震災復興支援の義捐金として寄付させていただきます。是非御来場ください!

« ハマで19世紀楽器の共演 | トップページ | 秋の気配 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/57384482

この記事へのトラックバック一覧です: 蓄音器コンサート復活!:

« ハマで19世紀楽器の共演 | トップページ | 秋の気配 »