« 遅い夏祭り | トップページ | 蓄音器コンサート復活! »

2014年9月14日 (日)

ハマで19世紀楽器の共演

214日、ハマのベイエリアにある人気ホールでのFtリサイタルに1820年製のオリジナルフォルテピアノで出動。主役が使用のFtも1871年初代L・lot作の銘器との事でフォルテピアノとは19世紀の楽器同志相性抜群で2者の溶け合う音色が素晴らしい!少々間隔が狭い5本ペダルのコントロールに苦心されていたピアノ奏者、最初は靴を脱いで素足で演奏するとおっしゃっておられたのにどこからか捜してこられたカンフーシューズ(!)を履いて本番へ。ペダルにフィットするので実に良いとの事。

7久々の出番を終えた老ピアノ、今度は10月7日池袋の重要文化財の洋館でのシューベルト歌曲公演に出動の予定。今日はその公演に出演の奏者のお宅でしばらく外泊するためお届けに。




« 遅い夏祭り | トップページ | 蓄音器コンサート復活! »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハマで19世紀楽器の共演:

« 遅い夏祭り | トップページ | 蓄音器コンサート復活! »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ