梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 伊太利から御客様 | トップページ | 今年も音楽祭開幕! »

2014年8月14日 (木)

亜米利加の名工の楽器尽くし

414日、まもなく開催のCD発売記念リサイタルに登場という亜米利加製のチェンバロの最終調整で演奏家の御宅に出動。最初少々夏バテか?と心配するも余り手を加えずすぐに御機嫌が直りホッ。しかし欧米で名を轟かす名工の楽器、その豪快な鳴りには改めて感嘆した次第。この楽器久々の舞台登場なのでチェンバロマニアは是非お聴き逃し無く!

23調整後はさるオルガニストのご紹介を得てこちらを初訪問(もう設立30年近いとの事ながら遅い訪問で恥ずかしい限り)。日本有数の銘器と名高い独逸製のオルガン、噂に違わぬ素晴らしさにただ圧倒されるばかり・・・、しかし3・11での大きな被害と奇跡的な修復のお話も大変興味深いものでした(阪神大震災体験者としてはやはり他人事とは思えず)。ここでも再び亜米利加の名工の楽器数台にも遭遇、1日に何台もと出会うとはその偶然には驚くばかり。

ニュースでは「古楽界の巨匠」Fブリュッヘン氏の訃報が大きく報道されていましたね。個人的には是非舞台で御一緒したかった最後の大物だけあって残念無念・・・。御冥福をお祈りいたします。


« 伊太利から御客様 | トップページ | 今年も音楽祭開幕! »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/57082658

この記事へのトラックバック一覧です: 亜米利加の名工の楽器尽くし:

« 伊太利から御客様 | トップページ | 今年も音楽祭開幕! »