梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 関東のシベリア? | トップページ | 噂の独逸製チェンバロ初上陸 »

2014年8月 5日 (火)

独逸人の完璧なお仕事

55日、朝から東のスタジオはリハのため千客万来。今まで色々な楽器が来ましたがタンゴ楽器バンドネオン(実は独逸の発明なのですね)は初めて!さる新春プログラムでVn・フォルテピアノとの共演が見れそうですのでお楽しみに(こんな組合せ初めてかも)。

7実はバンドネオンとVnのお相手を決めるためCemとFpを並べて弾き比べ。若手鍵盤奏者がスタジオ内のランドフスカの写真を見つけると「ウチの学校で教えていた先生ですね」と一言、そう言えば女史は伯林で教鞭取っていましたね。百年も前のお話ですが・・・、まだ学校内に女史の部屋が残っているそうな。

8午後は楽器を入替えてフォルテピアノ三台の弾き比べ。初めて来訪の演奏家の方との業界四方山話が面白過ぎで止まらない・・・。いや知らない所で凄い話が飛び交っているのですね。

15スタジオでのリハの後は独逸から空輸で届いたばかりの新作Cemのピックアップ。今まで色々な空輸用の木箱梱包を見てきましたが今回の梱包は百点満点!ビニールでの完全密閉と贅沢なクッション材使用は流石独逸人!というお仕事でしたね(その分木箱が大きくなってしまってましたが)。楽器を積込み後は西へ大移動。







« 関東のシベリア? | トップページ | 噂の独逸製チェンバロ初上陸 »

チェンバロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/57002375

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸人の完璧なお仕事:

« 関東のシベリア? | トップページ | 噂の独逸製チェンバロ初上陸 »