梅岡楽器サービスHP

フォト

チェンバロ

  • Photo
    my Cembalo by R・Yoshida

最近のトラックバック

« 北へ | トップページ | 北の大地でリハ »

2014年8月20日 (水)

チェンバロとフォルテピアノ聴き比べ

2920日、夏の音楽祭から戻り早速山間部の凄い湿気が染み込んだ楽器陣の水抜き作業。慌てて乾燥させると余りの変化に楽器も仰天するので(響板割れたりしますね)慎重に様子を伺いながらの御機嫌伺い。しかし音楽祭の期間中沢山のチェンバロだけでなくフォルテピアノやパイプオルガンまで聴き比べ弾き比べ出来る機会はやはり貴重でしたね。

またもやチェンバロ・フォルテピアノの聴き比べが出来るイベントは池袋の重要文化財の洋館で開催予定のこちら。チェンバロ(2段フレンチ)とフォルテピアノ2台(ジルバーマンとシュタイン)の計3台が登場の予定。チェンバロからピアノへの劇的な変化があった18世紀の鍵盤楽器の変遷をまずレクチャーで詳しく解説、コンサートでは3台の楽器を3人の演奏家での豪華リレーコンサート。「通説ではピアノ嫌いと言われていたバッハは実はピアノ擁護派だった?」「モーツァルトが弾いていたピアノは今のフォルテピアノでは無かった?」などの驚きの最新情報を交えた解説と演奏でお届けする予定、大規模補修工事でしばらく閉鎖される歴史的洋館での最後(?)の古楽器演奏でもあります。どうぞお聴き逃し無く!

« 北へ | トップページ | 北の大地でリハ »

フォルテピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140345/57133894

この記事へのトラックバック一覧です: チェンバロとフォルテピアノ聴き比べ:

« 北へ | トップページ | 北の大地でリハ »